한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/6/6

画家の田中一村が【前衛】にも紹介されていました。  日本共産党

 今朝うちに届いた【前衛】7月号の読者欄に、またまた私の投書が掲載されていました。


 籾井勝人NHK会長は早くやめろという主旨で…


 また図書券がきますから良かったです。


 ところで、西原村の図書室にも置いてある、画家の田中一村のことが小説家の島尾敏雄のこととともに、前衛の表紙を開けてすぐの『日本文学風土記』シリーズのページに【鹿児島】編としてグラビアで紹介されています。


 GPSを利用した地震予知を、藤井敏嗣教授が始めた話題のすぐ後に、一年間に1万人も全国で失踪するお年寄りがいるという話題の中に、その対策としてGPSで行き先を探せるように靴の中に発信器を仕込んだものが開発された話に出会う…スーパープレゼンテーションでネットで外国の報道などを中国語に翻訳するサイトが誉められたすぐ後に、イーヤンと称するそのサイトが閉鎖された話が続くなど、どういう訳か、立て続けに関連したことに出会っていくのは、まことに不思議なことですね。


 1953年の復帰まもない1955年に、以後奄美の魅力を発信し続けた、島尾敏雄と田中一村のふたりがこの島に上陸したというのです。


 【一村の終焉の地の穀雨かな】 風写
という俳句も添えてグラビアの紹介文を書いたのは、小松健一さんです。


 田中一村という画家は、今まで全く名前を知りませんでしたが、要するに【前衛】に紹介されるような人だったんですね。


 そう思って見るとまたその絵は感慨無量です。
0
タグ: 籾井勝人 奄美 一村



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ