한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/6/28

雨でも濡れないレインコートを、どう工夫するか…with a reasonable price  村のあちこち村おこし

 熊本学園大学の前に、コンパクトシティを掲げながらYU-MEタウンが開店したようです。


 先日、大江の法務局を訪ねた時には、まだ開店前でした。

 近くの産業道路との交差点には、たくさんの車が通過していますから、入り込み客は帯山方面からもかなり見込めるのではないでしょうか?


 こうなれば海老原画伯の蝶の絵を、ゆっくり見上げて鑑賞する人の数も、格段に多くなるでしょう。


 その界隈には県立劇場もありますから、催し物が重なった時に駐車場を探しに遠くの方まで行かなくてはならなかった不便は解消されるでしょう。


 ホホウ、道路の端に自転車専用レインが青い色で決められています。



 その青いレインをイメージしながら、話題はどしゃ降りの雨の中の二輪車走行をいかに増やしていくかを考えてみたいと思います。



 エコに力を入れなくては、海水面上昇で沈んでしまいかねないという危機意識もあってか、自転車専用レインには洪水のように流れていく光景が見られる、オランダやデンマークでは、それほど雨は降らないかもしれませんが、日本が自転車大国になるためには、梅雨の2ヶ月と秋雨の1ヶ月の雨期を克服しなければなりません。



 私がバイクで走ってみて、一番困るのは、靴が中までびしょ濡れになることです。


 目的の家で靴を脱ぐと、靴下までびしょびしょで、足に張りついたのを引っ張って脱ぐのも一苦労。また、靴下をポケットに入れるのも面倒です。


 それに靴というものは、一旦濡れたら乾燥機のところに置いても、乾くまでは時間がかかります。


 何足も靴を持っている訳ではないので…まだ乾ききってない靴に足を入れて出かけなければならず、きわめて不快です。外出が嫌になる訳にはいきません。


 そんな時、バイクはやめて車にしようかなと思ってしまうのです。


 それで引き下がっては、《今年の梅雨はバイクで通して、何かヒントを得るゾ》と決意した、私のチャレンジ精神が承知しません。


 そこで、そもそも靴を濡らさないようにすればいいんだと思いつき、靴全体を買い物の時にもらうビニール袋で包んで、結ぶという工夫を加えることにしました。


 こんなことをする人は、ちょっとよそでは見かけないので、勇気を必要とするかもしれませんが…

 二酸化炭素の排出削減と、消費税増税に抵抗して、少しでも懐を痛まないやり方ということですから、若い人は、新しいファッションを作るつもりになって、お洒落な靴の包み方・結び方を工夫して欲しいのです。


 ゴアテックスのレインコートは、高いので私には買えません。


 そこで、私はバイクで走ることに特化したレインコートを考えてみました。


 なぜなら、バイクで走る時に濡れるのは、腕の手甲の部分と胸から膝の上にかけてと決まっていますから。


 レインコートのその部分だけ濡れない対策をすれば、割安な製品が造れるんではないかと思うのです。


 頭の薄くなってきた人には、植毛という技術があります。


 レインコートの、雨が当たる胸から腿にかけての部分と、手甲(てっこう)の部分だけでも微細な絨毛…と言わないまでも、犬の毛程度でも生えていれば、ブルッと胴ぶるい一回で水滴は落とせるんではないでしょうか?


 《雨の中の浮世絵》で見るような、江戸時代の簑・笠の知恵に学んで、安上がりの新しいレインコートを作って世に送れば、このエコで節約意識の高い、消費税時代に、必ずヒットするに違いないと思うのです。


 まあ私は、広いビニール一枚を、弥生時代人の貫頭衣のように身にまとえば、濡れやすいレインコートを補えると思うのですがね。


 これで新しいレインコートの概念へのヒントが生まれたのではないでしょうか?


 どなたか事業化を…
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ