한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/6/29

横井小楠が失脚しなかったら有道の日本になっていた?  隣国との友好と平和

 先日、日米協会主催の、ジェーンスについてのシンポジウムに駆けつけまして、頂いたパンフを熟読させていただいたのですが、熊本女学校と関係が深い福田令寿氏が、ジェーンスおよび熊本バンドと、横井小楠の両者について、顕彰する大きいな役割を果しておられることを知りました。

 ジェーンスはアメリカの横井小楠であり、横井小楠は日本のジェーンスかもしれません。たしかに両者はふるさとにおいてはなかなか受け入れられず、他郷において大きな仕事をしています。

 有徳・有道の進路を日本がたどっていくことができたら、エゴそのもの我欲そのものの対外膨張の道をたどらず、アジア各国からも欧米各国からも尊敬される国として、今日あるに違いありません。

 横井小楠が、松平春嶽と幕府を説いて大政奉還を進める重大な局面で、士道忘却事件で政治の舞台から失脚してしまったことが、討幕から武力を信奉する政治・・・対外膨張のパラレルワールドへ入り込んだ別れ道だったかもしれない・・・と、『小説・横井小楠』を読んで繰り返し思い返したり考え込んだりしています。歴史に(もし)はありうると・・・。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ