한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2016/9/16

コンパニオンプランティング  村のあちこち村おこし

堆肥づくりと水との関係は、どうなっているのでしょうか? 

というのは、庭で残飯は米ぬかと混ぜて、切り返しを行っているのですが、雨が降るとベチャベチャになってしまいます。


ネットで検索してみると、水分は多くても少なくてもダメなんだそうです。


となると、雨よけを兼ねて、上に集水ネットを張る方がよさそうだと考えました。ネットを堆肥の上に張ると、寝ていてもいつの間にか水タンクにたっぷりと水が入っているという寸法です。


福井県の原発で有名な高浜町のある会社から、雨水を捕まえて溜めるネット《雨葉ネット》を買って、水不足の農家のために、幾分でも助けになるかと試験的に張っていました。


  言わば、朝ドラでやっている商品テストです。


    狭い庭のどこに張ったらいいのか考えあぐねていましたが…この台風で、雨が少したまっていました。


  これを堆肥づくりの場所の上に張り替えるのです。

  ログハウスや段ボールハウスなどの上に、雨を集める網。

  屋根のブルーシートの上にも、台風に飛ばされないように《集水ロープ》(これは私のアイデアなので、商品化はされてはいません)で固定しておくと、水も得られて一石二鳥です。

  千葉県匝瑳市(そうさし)でやっている、細い太陽光発電パネルをトラクターが入っても十分な高さに、スカスカに間隔を空けて設置し、その下で大豆などを植えると、あまり儲からない大豆であっても太陽光発電と併せて収入になるという訳です。

  大豆は乾燥していないといけません。大量な雨は防がなければなりません。


 チアシードは、台風に弱いということがわかりました。コンパニオンプランティングは、相性の良い作物同士を組み合わせて良い収量を得るという考え方で、メキシコにかつて栄えていたアステカ文明の農法を調べていて、インゲン豆は窒素分を空中から取り入れ、トウモロコシは巻きつく支柱になるというような関係を生かす考え方です。

  太陽光発電と農業とをうまく組み合わせて、強い直射日光が苦手な作物に適当な日陰を与えるというこれは、コンパニオンプランティングと、考え方が似ています。

   私は、チアシードを植えてきてヒョロヒョロと背が高くなりますが、風にたちまち倒されてしまう弱点がわかりました。

  食用カンナを周囲に植えて、風除けと倒伏防止の支えとするやり方はどうかと思いつきました。



*・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. 

【ソーラーシェアリング】匝瑳市(そうさし)とは、なんとか調子よく覚えられないかと考えています。

今朝の赤旗に、千葉県の匝瑳市で営農型太陽光発電《ソーラーシェアリング》が紹介されていました。


匝瑳(そうさ)市は、兵庫県の宍粟(しそう)市とともに、日本で最も難読な地名として、東西の両横綱になっているらしい。

  《誤読しそうさ》《舌をかみそうさ》ね。

共通点がほかにもないかとウィキで調べてみたところ、なんとどちらも自然エネルギーの導入に特に力を入れているところでした。

  《思想性がありそうさね》

  宍粟市と匝瑳市。漢字で書けるようになるにはやはり何度も手を動かして覚えるしかないですね。


*・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. *・゜゚・*:.。..。.:*・'*:.。. 

   さて、速打法入力をやっているうちに、脳が草臥れてきました。

  NHKの【100分で名著】でやっていた、ルソーの「エミール」を音読してみます。

  スピードライティングとはまた違った脳が働くのを感じます。

   目で文字を追ってわかったということだけでなくて、声を出して読むということは、認知症予防としてためになる習慣なのかもしれないと思います。

   10分に時間短縮された読み聞かせにおいても、間に文字を掲げて子どもたちに大きな声で唱和してもらうなど取り入れて、音読の効果を試してみるのもよいかもしれません。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ