한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2016/10/29

年号暗記もカレンダーも速打法に応用できます。  村のあちこち村おこし


日本共産党の田村貴昭が、衆議院総務委員会において、「一部損壊」にも住宅支援を求めました。

日本共産党の田村貴昭議員が衆院総務委員会で要求

田村氏は、震災で「一部損壊」とされた住宅について、
県や市町村が国に支援を求めているとして、独自の救済制度を設けた自治体を紹介。政府側が「一部損壊は応急修理の対象ではない」と切り捨てたのに対して、田村氏は「現実は明らかに違う。一部損壊世帯の多くは損壊箇所を修理しなければ日常生活を営むことができない」「復旧にはばく大な費用がかかる。一部損壊世帯の実情をまず把握すべきだ」と要求しました。 

内閣府の松本洋平副大臣は「県や市町村から、被災者の思いや現在の状況を含め、しっかり聞き取りたい」と答えました。


????? ???? ???? ????? ????は

アイホン・スマホ速打法

【東京オリンピック】を《かわあ》、すなわち、【2020年】を省略登録したのと同様に、西暦の年号を利活用すると、入力スピードはグーンと速くなります。

【満洲事変】は1931年のですから、《さああ》です。

このように歴史年号を速打法に応用するようにすれば、年号暗記が役に立つことになりますから、一層熱心に年号暗記に努めた方がいいということになります。

????? ???? ???? ????? ????

◎【終戦記念日】は《やあな》
【ひな祭り】は《さわさ》
【憲法記念日】は《なわさ》
【子どもの日】は《なわな》
などと、既に頭に入っている日付けを単語登録して、速打法に応用することも有効です。

1917年のロシア革命から2016年までは、二桁の数字で間に合うのですが、それ以前の歴史的事実を使うことも考えると、4桁になります。

【応仁の乱】は《あたはま》
【明治維新】は《あやはや》

【日露戦争】は《あらわた》となります。
【阪神・淡路大震災】は《らなあ》
【鳥取県西部地震】は《わわあ》
【ソ連崩壊】は《らああ》

これは便利です。

精力的に年号暗記に励もうという気持ちになります。

◎都道府県番号というものがあります。

なに県は何番というのを覚えていたはずですが、も一度覚え直して地名の入力簡略化に利用していこうと思います。

【北海道】は《わあめ》
【青森】は《わかめ》
本国47都道府県のコードです.
1北海道17石川県33岡山県
2青森県18福井県34広島県
3岩手県19山梨県35山口県
4宮城県20長野県36徳島県
5秋田県21岐阜県37香川県
6山形県22静岡県38愛媛県
7福島県23愛知県39高知県
8茨城県24三重県40福岡県
9栃木県25滋賀県41佐賀県
10群馬県26京都府42長崎県
11埼玉県27大阪府43熊本県
12千葉県28兵庫県44大分県
13東京都29奈良県45宮崎県
14神奈川県30和歌山県46鹿児島県
15新潟県31鳥取県47沖縄県
16富山県32島根県

◎【設ける・設け】は《もめ》とすることにしました。 

建物を建設する時に、土台を作るイメージを元にしました。

◎転じて【儲ける・儲け】も《もめ》

◎【しっかり】は《え》で登録したのですが、裏のアルファベットが、【&】というお金がドッサリ入った袋をシッカリと握り締めている様子なのを借りて登録しました。


iPhoneから送信
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ