한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2008/6/12

アクセス数をあげることができるかどうかトラックバック法の実験開始…皆さん!お力を  

 トラックバックを何度もつけ変えること。

 トラックバックをつけ変えた方がよいというコメントをいただきまして、初めてトラックバック機能はつけ変えが可能なんだということが分かりました。

 そうなれば、このブログ、あのブログとトラックバックをつけ変えていけば、それぞれのブログが持っている読者に対して(こんにちは)をするようなことになります。

 まだ私のこのブログは、一日のアクセスが100を超えたことがありません。今回、トラックバックをつけ変えるという方法でアクセスがどの程度アッブするか、実験をやってみたいと思います。

 目標は一日アクセス数が過去最高の100を越えることです。

 いざ…

0

2008/6/9

蛍籠 昏ければ 揺り炎えたたす・・・橋本多佳子  

 NHK俳句を愛読し、日曜日にはテレビの前に紙と鉛筆を持って座りますが、なかなか味わいがある有名な俳句も紹介してくれますので、覚えようと何回もはがきに書き添えたりなどして活用しながら、頭の中にインプットしています。

 私は『議員は年賀状や暑中見舞いやそれに類した挨拶状を出してはならない』という変な法律に縛られていながら、意見・提案・報告・交流に絞った内容の葉書をせっせと書くという(はがき道)を実践し広めているところですが、やはり日本人ですから、全く季節の挨拶を抜かすのは我慢がならない気分がありますから、素晴らしい古典とも文化財とも言える俳句をひとつでもふたつでも覚えることは、決まりきった時候の挨拶を書くよりも情景や心情までが写真か動画のように浮かび上がってきますので、新しいオシャレなはがき文化の創造になって、かえって公職選挙法の年賀状・暑中見舞い規制は虚礼を駆逐できてよかったかもしれませんね。

 今頃は蛍の季節なんですが、清流を守らなければ

蛍籠 昏ければ 揺り炎えたたす

という橋本多佳子の俳句を味わうことはできませんから、自然環境を守りましょうという気持ちも『揺り炎えたたせ』てくれるという奥行きが、一枚のはがき空間にできてきます。

 やはり俳句は、はがき道をやる人にも議員活動をやっている人にも教養として身につけることはお奨めしたいものですね。

2

2008/6/7

隣人愛を増幅するはがき道・慈愛の光線  

 はがき道というものは、商売に使えば「ヒト・モノ・カネ」を引き寄せる力があると思うのですが、そうであるだけに、利己心を刺激しそうなものだと見なされて、それゆえに中には頭から軽蔑し排斥しようとする人もあるかもしれません。

 しかし、はがき道を“隣人愛”に使えばどうでしょう。

 社会面には、毎日、凶悪な事件や、道義が廃れてしまったと、人びとを嘆かしめる事件が載ってきます。

 私は、この世相を変えていくのは、格差社会を緩和していくこともさることながら、「隣人愛」の増幅作用によって、「愛」の絶対量を社会の中に増やしていくことではないかと思います。

 はがき道は、「愛の言葉」で人びとをなぐさめたり励ましたりすれば、作用・反作用の力学法則の通り、自分の心を直接温め、豊かにしてくれます。

 まさに“情けは人の為ならず”という諺の通りです。

 それをわかっていくことが人間として生まれた喜びであり、本懐です。はがき道は、比較的短時間にスピーディにそれをわからせてくれるスグレモノですし、とくに豊の国はがき道クラブに入会することでしょうね。野外塾やはがき道塾がありますから、相互に親しむ機会があるという訳です。ちょうど、アマチュア無線にアイボールというのがあり、パソコン通信の時代にオフ会というのがあったのに似ています。しかしインターネット時代には人間のつながりはすたれてしまいました。

 それは余談でした。さて講演にはるばる駆けつけて下さった方が、
安部友子さんの満面から周囲に向かって放射している慈愛の光線を前にして、
「下手な宗教やるよりよっぽどよさそうだ」といわれたのは、まさにこのことだと思いました。

8

2008/5/22

NHK俳句にインターネット投稿を初体験  

 今日の俳句というやり方で、西原村の俳句愛好家のみなさんが365日それぞれに一句ずつ選定して、俳句カルタを作るなんていう取り組みができたらいいなあと思って、俳句をキーワードにして検索していたら、NHKの俳句にインターネット投稿をすることができることを発見できました。

 通常のハガキ投句だと、面倒に思ってなかなか気軽にはできなかったのですが、インターネット投句だったら気軽にできるのが有利な点だと思って、即興で俳句を作って投稿の初体験をしました。

 この伝でいけば、西原村に関する俳句を募集する投句コーナーを西原村の公式ホームページに作ってもらって、その中から俳句愛好家のみなさんに【西原村・今日の一句】を選定してもらうという企画も考えられはしないかなと思います。ひとつ提案してみたいと思います。

0
タグ: NHK 今日の俳句 俳句

2008/5/6

藩の数は都道府県の数と比べて何倍あったか?  

 明治維新の変革は、現在もなお色々なことを考える時の材料になります。

 廃藩置県によって藩は完全になくなることになりましたが、1866年時、藩の数はいくつだったか?

 現在の都道府県の数の約何倍でしょう。

------------------
302藩

 これなんか数字を覚えてないとまったく分かりませんね。

 鉛筆を転がして答えるしかありません。

 それでは日本列島に三列縦隊に並べてみましょう。日本の国土は日本海側・太平洋側・内陸内海側の三つにおおまかに分けて見ることができますから、302(三列)縦隊です。

0

2008/4/29

ミクシィとはがき道を西原村の宣伝PRに生かして経済活性化に役立てたい  

 同じ村内の場合、はがきを書いて切手は貼らずにその人の家を尋ね当てて郵便受けに入れたら、しっかりと名前と顔と家とが記憶できることに気付きました。

 そうやって名前と顔を覚え覚えられすることが、何をするにしても基本になります。

 先日、西原村・高遊のラーメン店の隣にある音楽喫茶・『ワン』でひとりコーヒーを飲んでいた時のことでした。

 店長がカウンターの向こう側で下を向いてゴソゴソやっているのです。

 何をしているんですか?

 と聞くと、ケータイでミクシィに書いていたというのです。

 この喫茶店では小さいながら色々な音楽イベント・芸術展示をやっているのですが、ミクシィでその情報を流すと結構遠くからも客が来てくれると店長の話です。

 私も『はがき道』をテーマにミクシィに加入しているのですが、エッチなサイトに誘うような書き込みや(お金儲けができます)というような怪しげなコメントも多かったりして、正直げんなりしていたところでしたから、ミクシィで集客と聞いて『へえ?!そんなこともできるのか?』と驚きました。

 私は、この3年ほど『はがき』をせっせと書いてきた一方では、メールを書いて自分の中から出てきた論点をブログをまとめるというやり方を続けてきました。そしてブログの論点をまたはがきで色々な所に提案したりするのに使うなど、だんだん螺旋階段をあがるように自分の考えが熟成してくるのを実感してきました。そんなこんなでブログもいつしか3年間に3万4千件にもなりました。

 (螺旋階段)も(量の変化から質の変化への移行の法則)も、弁証法的唯物論の哲学の基本ですが、はがきとブログとを連携させたやり方で、だんだん文章を書く筋力が付いてくる感じは、まさに螺旋階段です。

 西原村の催しをPRしたりイメージアップのためにも、はがき・メール・ブログ・ミクシィ、そしてまたはがきに戻るという螺旋的手段を駆使していきたいと思います。

 今、私がのめり込んでいる『はがき道』というのは、1:多のマスコミやミニコミのビラなどを通り超して、『ナノ・コミ』あるいは『アトム・コミ』とでも呼ぶべき媒体です。

 一長一短がある媒体の中でもはがきは、効果が出てくるまでに大変な労力と時間がかかります。

 はがきとともに、ミクシィがイベントへの集客にそんなに有効であるなら、研究してみる価値がありそうです。

0

2008/4/21

初めてはがき道の『複写はがき』を使ってみた  

 現在このブログは、センターにどのような不具合が起こったのか不明ですが、今なおメール投稿しかできない状況が続いています。

 情報を集めて判断しないといけませんがしばらくは様子をみているところです。

 そこで唯一書き込みができるメールからの投稿なんですが、不自由をかこつのはこの際、インターネットはそこそこに【はがきkaki】に力を集中してはどうかという神様のおぼしめしなんでしょうか。

 そういう訳で、昨日初めて複写はがきではがきを書きました。はがき道を提唱していながら複写はがきは初めて?と怪訝に思われるかもしれませんが

 住所はインターネットで検索したら、みつけることができました。今まで、相手に複写したものを送るのは失礼ではないかという思いがあって躊躇していました。が、複写はがきの本家本元に送るなら、逆に複写はがきを用いなければ失礼になるかもしれないと気づいて、複写はがきの世界に初めて踏み入れたのです。

 やってみたら意外と感触はよかったです。最初の一歩が踏み出せましたから、あとはズンズン進んでいけるのではないでしょうか。
0

2008/4/6

菊池市議の東さんのブログは菊池民報が一覧できるようになっていた!  

 ひさしぶりに菊池市議会議員の東さんのブログを拝見しました。

 すると、大変参考になることを発見しました。

 それは、菊池民報の過去からの一覧表を掲示してあったことでした。

 早速私も学びたいと思います。私の場合、西原民報はエクセルで表示したいと思います。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ