한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2009/7/5

日本共産党のメールニュースはすごい  日本共産党

 私の携帯に、志位さんの演説内容が届いたのでびっくりしました。ここまで携帯を最大限に活用する水準になったことは、大変うれしいことです。

以下引用です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは日本共産党です 2009/7/4
【目次】
◆東京都議選告示 対決軸は自公民「オール与党」か日本共産党か
◆共産党が金権腐敗究明委員会を設置 志位委員長が会見
◆水俣病法案が衆院通過 患者切り捨て 自公民が審議抜き強行
◆日本共産党HPをリニューアル
◆明日(7月5日)の主な演説
◆今週の「しんぶん赤旗 日曜版」(7月5日付)
◆「しんぶん赤旗」記事アクセス数 ベスト10
◆Q&A 派遣切りとたたかうのは大企業敵視から?
━━━━━━━━━━
◆東京都議選告示 対決軸は自公民「オール与党」か日本共産党か
 首都・東京で、自治体の本業を取り戻し、安心と希望の都政を実現する絶好のチャンス−−。東京都議会議員選挙(12日投票)が3日、告示され、日本共産党の志位和夫委員長が杉並区荻窪駅前で、市田忠義書記局長が新宿区高田馬場駅前で、それぞれ第一声をあげました。

■日本共産党を伸ばせば都政は必ず変わる/東京都議選 志位委員長の第一声
http://www.jcp.or.jp/pc/index.php?_ucb_u=www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-07-04/2009070401_01_0.html

━━━━━━━━━━
【その他のニュースは↓をクリックしてください】
http://www.jcp.or.jp/mlmagazine/090704/1.html

━━━━━━━━━━━
※登録や解除はこちらから
http://www.jcp.or.jp/i/k.html

日本共産党web
http://www.jcp.or.jp/i/

発行 日本共産党
mleditor@jcp.or.jp

0

2009/5/26

志位さんがニコニコ動画に27日登場  日本共産党

■明日(5月27日)志位委員長がニコニコ動画に生出演

明日(27日)午後7時から志位和夫委員長が動画サイト「ニコニコ動画」に生出演します。核兵器廃絶に向け米大統領に送った書簡と返書の内容、今後、この問題で内外にどう働きかけていくか、また雇用問題や消費税など総選挙の争点などについて語ります。ユーザーの意見や質問を受け付け、討論をすすめます。司会は政治ジャーナリストの角谷浩一氏。

※ライブを視聴するためには「ニコニコ動画」の会員登録が必要です(一般会員は無料です)。

ライブページの入り口 
http://live.nicovideo.jp/

………………

 生出演とはすごいことです。テレビみたいな感じでしょうか?

 私はパソコンメールを手続きしていないために、たしかニコニコ動画には登録できなかったんではないかと思います。迷惑メールの大量殺到にうんざりして、メール登録をしなかったのですが、メルアドがなければ、ニコニコ動画を見ることができないとなればやはりメールを申し込まなければならないでしょう。

 追伸 5月30日。しかし、検索してみるとニコニコ動画で志位さんがアメリカ政府と日本共産党との国交が開かれたという表現で、核廃絶へ向けての手紙の往復について記者会見をしている場面を見ることができました。
0

2009/4/23

赤旗時事検定はどうか  日本共産党

 たまたま漢字検定が儲けすぎだとして批判され粛正されつつある時でもありますが、『赤旗時事検定』のようなものを実施してはどうかと提案するハガキを送りました。

 ところが先日熊日を読んでいて、紙面の下の広告欄に、『熊日ニュース時事検定』なるものの受験募集を見つけてびっくりしました。

 先を越されたか…でもさすが何でもいいことは先駆ける熊日です。こんなところは熊本県人の先進的なというかワサモン気質が顕れているのかもしれないなと嬉しくなりました。

 でも当然ながら熊日の時事検定に取り上げる角度と、しんぶん赤旗が取り上げる角度とは、たとえ時事の事実関係は同じであっても視点が異なります。

 もう少し熊日の時事検定の実施方法や状況など詳しい情報を得た上で、もう一度赤旗時事問題検定について編集局に提案してみたいと思います。

 時事検定とは、綱領や科学的社会主義などの講師資格試験とは違って、党外の人も広く受験できることを私はイメージしています。

 その心は、赤旗の読者が紙面に出た記事や評論・分析など、深く解析した論文などを何度も熟読して正確に把握していただくということです。

 よく読まれる新聞になれば減紙が減り、増やしていくことができやすくなりそうです。

0

2009/4/9

チャベス大統領はタフなセールスマン?!  日本共産党

 ホントにチャベスさんは見るからにタフなリーダーみたいな印象ですね。

 麻生首相と会談して、ワールドベースボールクラシックで日本チームに勝ちたいと野球好きなカストロ首相に相談したら難しいだろうと言われた話だとか、北朝鮮のロケット(ミサイル)発射を批判してみたり、相手の心をいかにつかむかということに長けている、セールスマンみたいなところがあるようで、見事に外交的な成果をあげることができたんではないでしょうか。

0

2009/4/8

チャベス大統領と不破哲三前議長が懇談  日本共産党

外にも出よ触るるばかりに春の月 中村汀女
 ふと真ん丸い月がぽっかりと浮かんでいることに気づきました。

 さて、来日のチャベス大統領は、石油の対日輸出が増えることになったのでしょうか。日本共産党の幹部との懇談会も開かれたようです。
 ベネズエラ革命について不破哲三前議長は、『日本で活動している私たちが、ベネズエラ革命のどこに注目しているかについて発言』されたようです。

 最後に著書の英訳を贈呈されたそうですが、チャベス大統領はそれをさらにスペイン語に翻訳させますと答えました。
 せっかくの不破さんの労作論文も、いまだ英訳だけでスペイン語には翻訳されていなかったことがこの記事で分かりましたが、ベネズエラ大統領に次々に贈呈したら翻訳してもらえてよいかも…

 この分では韓国語にもまだ翻訳されていないかもしれませんから、私が猛勉強してやれる水準になったらよいのですが…英語以外の語学の必要性・需要がかなりあるようです。

0

2009/4/8

オバマ大統領の核兵器廃絶の演説全文を読んだら涙がボロボロ出て  日本共産党

 ほつほつと咲いてひなたの翁草 今井杏太郎

 この俳句から翁草の姿がはっきりと見えてくるのはどうしてでしょうか?『ほつほつと…ひなた…』この語感が効いたのでしょうか?

 さて、オバマ大統領の核兵器廃絶に向けた崇高な理想を述べた演説原稿を読んで、私の顔は突然クシャクシャに歪み、涙がボロボロ出てくるのをどうすることもできませんでした。

 なんという心洗われる清らかな精神の持ち主でしょうか。
 リンカーンの再来を思わせる格調の高いこの演説は原稿も見ずに行われましたが、恐らくは歴史に残るものでありましょう。アメリカ国民は、大した大統領を選んでくれました。

 ただ、アフガニスタンへの軍事介入はいただけないのではないでしょうか。強く懸念を表明しておきたいと思います。

0

2009/4/1

熊日新聞夕刊に連載中の徳永直の小説『こんにゃく売り』  日本共産党

 今、80ぶりにベストセラーになるという異変が話題になった小林多喜二の『蟹工船』き負けないようなヒットが期待される、熊本出身のプロレタリア作家・徳永直の小説が、熊日新聞の夕刊に連載中です。

 原賀隆一氏のきれいなカットの絵が添えられていますから親しみやすいし、活字も大きくて見やすいですね。

 小学生の頃から天秤棒をかついで働いていた時の心理がよくわかります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: takiji 徳永直 労働

2009/3/19

エルサルバドルで左翼政権の誕生  日本共産党

 赤旗しんぶんによれば、ファラブンド・マルティ解放戦線が、ついに中米エルサルバドルで大統領選挙に勝利しましたね。
中南米に今ベネズエラから始まりボリビアなど、選挙によって支持を獲得して政治を革新していくという左翼化の着実な風が吹いているのです。

 実は中南米の政治状況は微妙に日本に影響を与えてきたという歴史があります。

 七十年代に宮崎大学にいた頃(73年入学)は、アジアではベトナム戦争が最終盤の激しさを見せ、南米ではチリで1970年誕生の左派アジェンデ政権が73年に軍事クーデタで倒されたのでした。
 あの時、ビクトル・ハラという有名なフォーク歌手は最後までみんなを励ましつつ殺されてしまったという心象風景が残っています。

 日本では革新3目標による政府や民主連合政権の構想を日本共産党が呼びかけていたの時だったのですが、チリのようにアメリカの武力介入を受けてつぶされてしまったらどうするんだという恐怖が国民の中に一定の浸透をしたように思います。社会党がいくら日本共産党と政策が一致しても、共闘に応じるのは地方自治体レベルでの革新自治体づくりにとどめて、国政レベルでの共闘には頑として応じなかったのもここに起因していたのではなかったでしょうか。
 ファラブンド・マルティ解放戦線はもうかれこれ二十年近い前のことだったかと思いますが、あともう少しで全土を支配しそうになるぐらいな武装闘争をやっていました。ニカラグアもそうですしいいところまでいきながらアメリカにつぶされました。しかしその後、武装闘争を議会選挙闘争に切り替えてこれらの国政革新勢力は国民の選挙での支持を受けて堂々と政権についてきたのです。

 ニカラグアのオルテガ大統領もしかりです。
 壮大な英雄叙事詩というべきでしょう。

 いったんはアメリカ言いなりの政権20年近く続きましたが、貧困層がどんどん広がりを見せて新自由主義改革は国民を幸せにしないということが痛みとともにはっきりとわかるようになっては、決して後戻りしない改革の道に進んでいかざるをえないというわけです。

 夜明け前が一番暗いということわざがありそうです。

 自民党か民主党かの二大政党制ではなくて、企業献金を全面廃止を実現し、政党を腐らせてしまう政党助成金制度を廃止することこそが、国民の幸福につながるのではないでしょうか。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ