한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2015/8/27

nozomi kaihou  菊陽病院精神家族会



秋のレクレーションのご案内
朝夕は少しずつではありますが、秋の気配を感じられるようになりました。
皆様にはお変わりなくおすごしの事と思います。平素より家族会へのご支援ご協力をいただき深謝申し上げます。
 前回でお知らせ致しました恒例の秋のレクレーションを下記の通り実施いたします
病院職員の方々と共に楽しい思い出つくりができればと願っています。多数の参加をお待ちしております。まだ、出欠のお返事を出されていない方は、9月17日(木)迄にご連絡下さい。



県連代表者会議 田島会長が参加 8月22日
 交通運賃割引全国運動を推進する特別決議が採択される
 現在、熊本県では運動の結果、バス・タクシーなどの運賃割引は実現するも、鉄道運賃は、他の身体・知的の割引実現にもかかわらず、いまだ精神障がい者のみ、実現していません。
そこで、全国組織の(みんなねっと)では、平成28年(2016年)の4月5日までの、全国で100万人の署名数目標を提起。そのためには熊本県連として2万人の目標で取り組むことが決議されました。
わが菊陽病院家族会として、全県目標に見合う署名目標を、緊急に役員会を開いて意思統一を図らねばなりません。
『精神障害者の1か月の平均収入が約6万円である』『交通運賃の負担が大きく外出を控えている』『作業所等への通所もままならあい』『控えていた人間らしい楽しみや社会参加がしたい』という声は、人々の心に響くものがあります。
あらゆる団体に理解と協力を広げて、国会議員や市町村議会への働きかけなどを展開していきますので、みなさん一緒に声を上げましょう。

当事者・家族への支援、相談事例を通して見えてきたこと
話題提供者 村上泰幸氏
 顧問の村上泰幸氏は、成年後見制度について、この間菊陽病院のぞみ会を含めて、県内各地の家族会からの要請で、数多くの講演を引き受けられ、また成年後見人を引き受けて来られました。
今回県連家族会において、その事例報告と併せて、今後いよいよ『老い支度』と、『死に支度』が必要になってくるのではないかと話されました。

●スポレク大会 10月16日(金) 午前10時50分〜午後3時
                       パークドームにて
 今年も(在宅の精神障がい者・その家族・関係機関の職員)が、ともに軽スポーツで楽しく過ごそうという大会が近づいてきました。ご参加を!

●県精神保健福祉大会 10月23日(金)13時〜16時 くまもと森都心プラザ
記念講演 「統合失調症がやってきた」 松本ハウス
 突然に統合失調症になって、10年間の休業の末に、芸人として戻って来られた…

バザーのご協力お願い!!
10月22日(土)菊陽病院の文化祭です
例年のように秋物バザーを出店いたしますので、物品の提供と当日の
お手伝いをよろしくお願いいます。



外来家族教室のご案内
8月の家族教室は、社会資源についてでした。
いつもためになるお話なのでぜひ多くの皆様の参加をお願いします。
*テーマは毎月変わります。
*懇談に話された内容を外部に漏らすことはありません。

場所 :当院別館第3会議室
参加費:無料
対象者:外来通院中の患者さまのご家族


       ************

みんなねっと8月号の紹介
特集  家族会をひろげ元気にする家族相談活動
☆ 連載  誰でもわかる認知行動療法《意欲を引き出す活動活性化》
☆ 私と家族の手記   統合失調症の娘が教えてくれたこと
☆ 街の診療所からのお便り
・・・一般の労働条件をよくしないと障害者の労働条件も良くなりません・・☆ トピックス・・・障害年金  私の体験(その1)
☆  「精神科の薬」の働き


家族教室のご案内
○家族教室の目的
当院、患者さんのご家族に精神疾患についての正しい知識や情報を提供し、患者さんの気持ちの理解や接し方についてともに学び、支えあうことを目的にした「家族教室」を開催しています。毎月テーマを決め疾患や社会資源・作業療法など学習を行い、家族同士の交流と意見交換を行っています。

病棟
東2階病棟(精神科一般病棟)病棟集団療法室
認知症に関する家族教室  
毎月1回開催 9月19日第3土曜 11時〜12時 ・認知症や高齢の精神疾患患者・身体合併症のある方が治療を受けている病棟です。

東3階病棟(療養病棟)
今年度は定例の家族教室は中止です。 ・統合失調症・気分障害の方で長期入院の方が多く、高齢となって日常生活の援助が必要な方が入院している開放病棟です。
西2階病棟(急性期病棟)東2集団療法室
アルコール依存症・ギャンブル依存症の家族教室
男9月・12日・19日・26日(土曜日)
13時30〜15時30 

女:9月5日 第1土曜日   費用:2,160円 ・依存症疾患(アルコール依存症・ギャンブル依存症)、ストレス性疾患などの方が入院される病棟です。

西3階病棟(救急病棟)
毎月1回開催 9月 11日第2(金曜日) 
14:00〜15:30 別館会議室 第2か第3 ・統合失調症・双極性障害・気分障害・人格障害などの疾患で、病状増悪のため救急病棟における治療が必要な方が入院される病棟です
西4・5階病棟(精神一般病棟)別館会議室第2か第3
長期入院患者、入院を繰り返す患者の家族教室
9月17日第3木曜日   13:30〜15:30 主に統合失調症・気分障害・人格障害・発達障害などの長期入院の方から退院して1・2か月で再入院される方、症状がなかなかとれず、入院が長期化している方が入院しています。
外来 別館会議室第2か第3
外来通院中の患者家族の家族教室
9月25s日 第4金曜日 14:30〜 外来通院中で統合失調症や双極性感情障害、
うつ病、神経症など様々な疾患で治療されている患者家族の方が参加されています。
*内容を確認され、参加されたい家族教室へ参加されてください。
*初めて参加される場合はお手数ですが事前に病棟へお知らせください。
*家族教室は無料ですが、西2の依存症の家族教室では2,160円頂いております。

http://twtr.jp/user/tadgiema/status
0

2015/4/23

(無題)  菊陽病院精神家族会

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/d/d2/JRbuskanto_L531-06501_foldupseat.jpg

ノンステップバス

http://twtr.jp/user/tadgiema/status
0

2015/2/10

(無題)  菊陽病院精神家族会

 何度か、パソコンからこのブログに入るということを反復して、徹底的にIDを手に覚えさせないといけないと思います。


 さて、西原村議会広報の(ゆうすい)は御覧になりましたか?


 1月にあさぎり町の議会広報委員会の皆さんと、交流および研修を受け入れていただいて、いろいろ感じたことを報告したいと存じます。

 1月からこちら、ブログに書きたいことは、ラインに書き溜めていました。


 そうそう、ガラパゴスケータイで投稿をしていた、これまでの数年間というもの、ラインというものがどのようなものなのか、分からないでいましたが、この一ヶ月と10日ほどで、だいぶ分かってきたつもりです。


 
http://twtr.jp/user/tadgiema/status
0

2015/2/10

メール投稿の復活ができるようになったかな?  菊陽病院精神家族会

こんにちは。皆さんお久しぶりです。


 大晦日の日に、それまでメール投稿をしていた携帯電話を、ドコモのアイフォンに切り替えて、teacupの方もメール投稿の設定をしようとしたら、すっかりid passwordを忘れてしまって、思い出せず、


 記事を全く投稿できないでいたのが、今年の元旦からでした。

 ふと昨日、忘れていたIDが、指の動きによってよみがえってきたのです。


 また、みなさん。これからもよろしくお願いします。

http://twtr.jp/user/tadgiema/status
2

2014/12/18

草取りボランティアは、さわやかな気分に  菊陽病院精神家族会

   草取りボランティアはふれあいの場


 1月22日、青空の下、菊陽病院家族会では、病院のスタッフの方々とも共同で、毎年1回恒例の敷地内草取りボランティアを実施しました。

 全国の精神科医療施設の中でも、家族会のメンバーと病院のスタッフとが、肩を並べて草取りや窓拭きのボランティアをするというのは、おそらく数少ないのではないかと思います。

 家族のひとりとしての思いは、いつも病院のお世話になっているばかりで、また社会に対しても負担をかけていているために、重苦しく暗い気分にうちひしがれています。また普段病院スタッフの皆さんに対しても、家族にとってはなぜかおっかない感じがして距離感があります。これは私だけでなく、ほかの皆さんもきっと大なり小なりそうではないかと思うのです。


 この気分をなんとか取っ払うために、草取りなどをやって万分の一の感謝の気持ちを表してみたら精神の安定のためによいのではなかろうかということで、役員会で話し合い、一年に一度の草取りの日を設けるようになって、すでに数年になります。※雨天の場合は窓拭き。
肩を並べて「菊陽病院ありがとう、スタッフのみなさんありがとう」と、心の中で念じながら草取りや窓拭きをしていると、それほどたいした労力でないにもかかわらず、実にさわやかな晴れやかな気持ちになるという不思議をいつも感じます。


 終了後、家族会室に集まっていると、スタッフの方がおいしい芋などを持ってきていただきました。楽しく談笑すると心が通じ合うようなさわやかな気持ちになります。
みなさんも、年に1度の草取りボランティアに参加して、心をいくらかでも軽くされてはいかがでしょうか。


                            家族会長 田島敬一





http://twtr.jp/user/tadgiema/status
0

2013/9/5

菊池地域家族支援教室のごあんない  菊陽病院精神家族会

 熊本県精神障害者福祉会連合会より、菊池地域の家族支援教室のごあんないが、菊陽病院に届きました。

 10月9日(水)午後1時半から3時半まで

 会場は菊池市隈府の産交バスターミナル前の、就労支援事業所『かもんゆ〜す』 0968−25−1817

 楠 達雄氏による講演の中身は、『保護者制度について』となっています。

http://twtr.jp/user/tadgiema/status
1

2013/9/5

菊池地域家族支援教室のごあんない  菊陽病院精神家族会

 熊本県精神障害者福祉会連合会より、菊池地域の家族支援教室のごあんないが、菊陽病院に届きました。

 10月9日(水)午後1時半から3時半まで

 会場は菊池市
http://twtr.jp/user/tadgiema/status
0

2013/9/5

菊陽病院家族会秋のレクリエーションのお知らせ  菊陽病院精神家族会

 家族会だより8月号でご案内いたしました、秋のレクレーションを下記の通り実施いたします。

 病院職員の方々と共に「笑って、語って、つながって」親睦を深められたらと願っています。天然温泉に、カラオケ舞台もありますので心ゆくまでお楽しみ下さい。まだ出欠のお返事を出されていない方は9月11日(木)までにご連絡下さい。




日時:平成23年9月26日(木)10時〜15時30分
集合:10時  菊陽病院 駐車場前 バス出発:10時15分

場所:神園山荘    電話  (096)380−2511(代)
    熊本市東区神園1丁目10番41号
(熊本インター近くで運動公園正門前の細い道を上がり直ぐ左折した山上)
交通手段:神園山荘から送迎バスが出ます。


       神園山荘に直行されてもかまいません。その時は御一報下さい。駐車場は広く乗り入れ可能です。
参加費用:2000円(禁酒で他の飲み物は個人負担)
費用お支払い時、つり銭の入らないようご協力をお願い致します。





http://twtr.jp/user/tadgiema/status
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ