ホームページでは更新が手間がかかり大変なので、日々の診療で患者さんに説明していることやよく質問されること、よくあるのにあまり知られていないことなどを気がついた時に書いていきたいと思います。

 

ようこそ 達谷歯科医院のブログへ  独り言


ホームページをリニューアルしてからからちょっと趣向を変えようと思いこのようなブログ形式にしてみました。

ホームページ形式だと投稿するのになかなか手間がかかるんです。これなら思い立った時、気が付いた時にすぐに投稿できますからね。


クリックすると元のサイズで表示します


ここでは日々の診療の中で患者さんによく質問される事、誤解している人が多い事、私自身が思うところなどを不定期に書き込んでいきたいと思います。

他院ではないようなものにしたいと思っていますのでよろしくおねがいします。

また、ブログ形式なので同じカテゴリーの記事は下から読んで頂いた方がいいかもしれません。
投稿が溜まってきたらまとめのようなものを作りたいと思っています。
0

2016/2/12

抜くばかりが脳じゃない?  親知らず


傾いて食べかすが詰まる親知らずはさっさと抜きましょうという話をしましたが、今度は、抜くのは親知らずが一番いいの?という話です。



写真を見てください。

親知らずが傾いて手前の歯を押して窮屈そうにしています。

クリックすると元のサイズで表示します


次を見てください。

何をしたかわかりますか?

実は親知らずではなくひとつ手前の歯を抜いています。

まだ根っこが出来上がっていない埋もれた歯が親知らずですね。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてさらにそこから時間が経つとこのようにちょうどいい位置に生えてきました。

もちろん3枚とも同じ方の写真ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します


このように、抜くのは親知らずでなければいけないわけではないのです。

この症例では、親知らずが少し顔を出し始めてこれから色々問題を起こすであろうことが予測出来ましたので片付けてしまおうということになりましたが、深く入り組んだ位置に居ましたので抜歯困難なことが予想されました。

ただ、この位置だと手前を抜けばちょうどいい位置に出てくることも予測出来ましたので、ご本人によく説明をしてこのような方法を採りました。

これだと事情を知らない歯科医が見ても親知らずだとはわからないと思います。

ご本人さんももうすっかり忘れていて、「綺麗に生えてよかったね」という話になると「え?あ!そうでした・・・」という感じになっています。




さて次も同じパターンです。

一体どうなってるの?と思うような写真です。

クリックすると元のサイズで表示します


これも手前の歯を抜いてしばらくした写真です。

クリックすると元のサイズで表示します


更に時間が経ったものですが、どんどんいい位置に寄って根っこも伸びてきています。

ちなみに両方共若い患者さんだったので3枚目の写真は一年後くらいなんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します


このような結果が望める症例も多々ありますので、私は親知らずに固執せず最良の結果を得られるよう熟慮するよう心がけています。

その患者さんにとってどうするのが一番なのか?ほんとうに難しいですが広い視野で見れば答えが見えてきたりします。





次のパターンです。

先ほどまでの症例は、親知らずの根っこが完成していない若い方のものでしたが、今度は40代後半の方。

さんざん治療してある歯ですが、親知らずが根元に当たって顔を出しているのでそこから細菌が入り込み何度もぐずってやり直しされているということで、親知らずを抜いてほしいとの希望で来院されました。

しかしいまさら親知らずを抜いたところで手前の歯の根っこの面は汚染してしまっているので良好な予後が望めないと判断し、その手前の歯を抜くことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します


抜いてすぐの写真です。

周りの骨も吸収してしまっていますし、非常に予後不良だったことを伺わせます。

クリックすると元のサイズで表示します


そこから半年ほど経った時の写真です。
少し前に寄りながら出て来ているのがわかりますか?

クリックすると元のサイズで表示します


恐らく一年ほど経った時の写真です。
さらにもう少し寄って出て来ています。

クリックすると元のサイズで表示します


そしてもう一年。
いい感じに寄ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します


これが直近の写真。

ほとんどくっついています。

クリックすると元のサイズで表示します


この方は年齢的なこと、そしてもう根っこが完成してしまっている歯だったのでかなり時間が掛かってここまで寄りました。

しかし何度も治療しなおして、またぐずってやり直してというところから、真新しい歯になりましたのでとても愛おしんでせっせと歯磨きして大事にされていましたw。

これも親知らずを抜くということに固執していては得られなかった結果です。

いろいろな条件が重なってこそ可能ではありますが、それを見逃さないようにキャッチして的確に処置するのが使命だと思います。

0

2016/2/12

抜かないといけないの?  親知らず



「親知らずって抜かないといけないの?」と言う質問を良く受けます。

答えは「No」。

ただし、「正常に生えて正常に機能していれば・・・」という前置きが付きます。

ただ残念な事に、殆どの方はそうなっていません。それには理由があります。それは食べものの習慣などが大きな原因と言われています。

近年、食品は進化して子供のおやつは殆どが飴、ガム、スナック菓子に分類されるものばかりです。昔のように酢昆布やスルメイカなんかをかじったりしなくなりました。そうです、力の要らないものばかりなのです。

よって、アゴに力を入れて噛まない⇒アゴの筋肉が発達しない⇒顎の骨が発達しない・・・という事が起きます。

しかし、歯の大きさと数はそのままでアゴの中で作られます。(人類全体に言える事ですが、退化傾向にはあって元々無い方も増えてきています。)でも生える場所が足りないのです。

ですから、たとえ真っ直ぐ生えたとしても後ろ半分が歯茎に埋まってしまっていたり、真っ直ぐ生える事ができない親知らずが頻発するのです。

問題はここからです。なぜ埋もれていたり倒れていたらダメなのか?

それは不潔になるからです。

そもそも口の中は細菌だらけ。半日歯を磨かないだけで歯の表面はヌルヌルざらざらしてきます。あれは全て細菌が繁殖したもの。歯磨きをしないと虫歯や歯槽膿漏になります。

埋もれている歯や傾いていいる歯はきれいに掃除できません。なので日頃からとても不潔な状態になっているのです。

しかし体調がいい時は、体の免疫機能も良く働いていますので何も起きないのです。けれども、そのような状態に長くなっている上で、例えば寝不足や風邪気味などで体力が低下すると免疫機能も低下して抑えが利かなくなり周りの歯茎が腫れて来たりしてしまいます。

身に覚えは無いですか?(笑)

また、そのように長く表面に細菌が付着しているともちろん虫歯にもなります。真っ直ぐ生えて埋もれている歯もそうですし、倒れている歯もそうです。ただ、倒れている歯はもうひとつ問題があるのです。

それは一つ手前の歯にも虫歯が出来てしまう可能性が高いということです。


こんな感じの状態のまま放置すると・・・

クリックすると元のサイズで表示します


このように穴が開いてしまったりします。

クリックすると元のサイズで表示します


上の写真は神経のある歯なので痛みやしみが出て来院されましたが、神経のない歯だと痛みませんのでこんなになってしまうことも・・・

クリックすると元のサイズで表示します


はい、これもそうです。そう!この症例は非常に多いのです。

クリックすると元のサイズで表示します


なぜでしょう?

やはり一番は「抜くのが怖いから・・・」と放置してしまうこと。

そして「まだ大丈夫」と歯科医に言われて安心してそのまま何年も忘れてしまっていたこと。

さらに「以前通院していた医院では何も言われなかった」なんてこともあります。


私は、こうなってしまうことが目に見えている場合は即座に決断することをおすすめします。いずれ抜かなければならなくなるなら手前の歯に虫歯が出来る前がいいに決まってますから。

大学生くらいの患者さんが来院されてこのような状態になっていたら、きちんと説明して納得してもらって(説得して?w)抜くようにしています。その時は憂鬱でも後々悩んだり痛めたりしなくて済みますから。





実際の処置例をお見せしましょう。

この方は、ここにものが詰まると言うと上から詰め物をしてくれたそうなのですが・・・そのせいで、その下から虫歯になっています。

このようなその場しのぎの対策はかえって事を深刻にします。

クリックすると元のサイズで表示します


同じ方の処置後です。

まずは手前の歯の神経を取る処置をして中に芯になる金属を入れて補強してから奥の親知らずを抜歯し、その後で最終的に金属の冠を入れてあります。

食べかすが溜まることもないですし匂いの元にもならないのでスッキリです。

クリックすると元のサイズで表示します


実は同じ方の反対側。

こちらの方がもっと虫歯が深くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します


同様に処置してこちらもスッキリ。

抜いた後の穴もしっかり骨ができて治っています。

上下の歯の位置関係はレントゲンを撮る時の顎の位置のせいで違うように見えていますが何も変わっていません。

クリックすると元のサイズで表示します




さて、お分かりいただけましたでしょうか?

このように、近年の日本人は食生活の変化から顎が小さくなっている傾向にあります。しかし悪いことばかりではなく、昔の人に比べると顎がほっそりして顔が小さく美形になってると言えます。

それも20年前から比べるとどんどんその傾向が強くなっています。

しかしここ数年になって、その傾向がもっと極端な形になって現れてきています。

この写真を見てください。

クリックすると元のサイズで表示します


わかりますか?親知らずだけでなくその手前の歯も傾いてしまっています。

初めて見た時は本当にびっくりしました。しかしもう何人かの同様な状態になった方を診させて頂いています。

傾いた歯だけでなく顎の骨そのものも高さがなく非常に細くなっています。本当に顎の骨が未発達なんです。

正直この症例に関してはどう処置するのが一番いいのか悩んでしまっています。


小顔はいいんですが、いくらなんでももう少し子供の頃にしっかり噛むということをさせた方がいいようですね。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ