2008/7/24

皆川恵子 「エミリー・ウングワレー展に行ってきました」  日記

 みなさま、こんにちは。心療内科・精神科担当の皆川です。
 前回に予告しました通り、診療とか医療とは少し違った話を、私の当番のときには書いていこうと思います。
 7月某日、六本木に用事があったので、このチャンスに是非!と思い、国立新美術館に行ってきました。私は、美術館や博物館に出かけるのは大好きなのですが、ここにはなかなか行く機会が巡って来ず、今回初めて足を運びました。しかし、暑かったです。六本木の町を昼日中に結構歩きました。紫外線対策を怠ったせいで、日焼けもしたし、美術館についた時は、暑さでへとへとでした。
 それでも、どうしてもこの「エミリー・ウングワレー展」が見たかったのです。全く予備知識はなく、単に電車の中の広告に載っていた絵にひかれ、行かないといけない!と思ってしまったのです。
 そして、へとへとで汗だくになって会場に入った瞬間、来てよかった!!と思いました。それまでの疲れが、最初の1点目に出会った瞬間に吹き飛びました。すごいパワーとすごいエネルギーが絵からあふれており、プラス・パワーを頭から浴びた感じです。仕事がら、マイナス・パワーに自分のエネルギーを奪われるような感覚に出会うことの方が、圧倒的に多いのですが、本当に自分でもびっくりしました。光と色彩と自由さがあふれるような作品でした。予備知識はないものの、確か抽象画というふれこみだったような・・・と思ったのですが、私の中の抽象画というイメージには当てはまらず、オーストラリアもアボリジニのこともよくは知らない私ですが、彼女の中にある彼女の生まれ育った自然や環境や生活、目に焼き付いている日常の風景が、画面からにじみ出ていたように私には思えました。
 ちなみに、少しだけエミリー・カーメ・ウングワレーさんの紹介を。彼女はオーストラリア中央の砂漠地帯でアボリジニの伝統的な生活を長年送ってきて、1977年(67歳)からバティック(ろうけつ染め)の制作を開始し、1988年(78歳)頃からカンヴァスに絵を描き始めたとのこと。亡くなるまでの8年間に3〜4千点の作品を残したといわれています。
 帰宅して彼女のことを調べたら、民族や政治的な問題とか、色々な背景に触れている記事も眼にとまりました。きっと、様々な現実問題が彼女の生活にも影響を及ぼしていたのでしょうが、彼女の作品の前に立った時に得られた感覚は、ただただ彼女の元気さや現代的な道具をも取り込んで、一層のパワーを発揮してしまう彼女の強さであったように思います。(会場の中で見たビデオに映った彼女は大そうチャーミングでおおらかで自由な女性に見えました。)久々にエンパワーされる作品に出会いました。

心療内科・精神科 皆川恵子
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ