■応援中 チュアブルソフト連載バナー
1年を振り返ろう。 クラナド編  ギャルゲー・美少女モノ(一般向け)記録・話題

CLANNADにもかなり泣かされた年でもありました。

随分前にこの作品については触れましたが(詳しくがこのカテゴリから見てみて頂けると…)渚の事考えると今でも泣けそうです。

つか職場で有線ヒットチャートが掛かりますが「時を刻む唄」が掛かった時はもう職場でもうどうしようかと思いました・・・。
泣けそうでした。
なきませんでしたが!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ