■応援中 チュアブルソフト連載バナー
「タペストリー」感想とギャルゲー進行状況。  エロゲー記録・話題

【クリアしたタイトル】
しろくまベルスターズ♪
ゆにばる!
スズノネセブン!SWEET LOVERS’ CONCERTO
ド田舎ちゃんねる5〜こちら鈴音学園放送部〜
メモリア
タペストリー

【攻略中】
星空のメモリア


【積みゲー】
まじからっと☆れいでぃあんと
世界でいちばんNGな恋(廉価版)
RGH〜恋とヒーローと学園と〜
アッチむいて恋
ひのまるっ

…そしてインストールしたもののPCとの相性か立ち上げられないのはメルクリア(TT)


ストーリーに興味がわいたのと独特の雰囲気のイラストに惹かれて購入した「タペストリー‐you will meet yourself‐」攻略終了しました。
久し振りにかなりハマれたギャルゲーに出会えました。

ひかり→詩→美那→紗希→遥海の順番で攻略しました。

特に詩エンドは本気で泣いた…。

ルート開放などの条件がないので、個人的なお勧め攻略順は
全員(一名欠け)揃ったエンド希望ならばひかり→沙希→詩→美那→遥海
ホッとしたい人はひかり→沙希→遥海→詩→美那
ですかね。
特に後者の方は詩でおもっきし泣いた後、美那に入ると…。

まぁ、勿論、個人的な意見ですので・・・。


シナリオによってはヤンデレゲームか!?と思うこともありますが、それもヒロインの事情によるものであり、ドキドキしながらもプレイしていました。

そして、サブキャラもとても良い人たちばかり…。
はじめの両親の暖かさとか、真司のはじめに対する親友っぷり、、幾人のツンデレ(笑)
つか、はじめちゃん(何)好きです。

色々と興奮しているので忘れない内に感想をメモっておきたい。
私の拙い文章では伝えきれないのですが、自分なりにまとめたいと思います。

ネタバレありの感想書きますので、OKな方はリンクをクリックしてください。

不治の病により後半年の命と宣告された主人公が所属する手芸部の部員たちと残された時間を過ごす。
攻略可能ヒロインは5人。
うち4人のシナリオでは主人公は亡くなってしまいますが、一人だけ生存エンドがあります(病気が完治したわけではない)
それが美那なのです。

美那は真面目で余り融通のきかないヒロインですが、それも過去のトラウマによるもので、シナリオ途中のヤンデレっぷりは怖いものが。

そこまでするか!?

それは言っちゃいけないだろ!!

などと色々突っ込みつつ、話を進めていくことになります。

でも、やはり終わった後の気持ちのよさは他のヒロインにない安心感があるので、良いです。

次に、ひかり。
幼なじみではじめちゃん大好きオーラを常に発している女の子。
詩シナリオでは、嫌な役回りになってしまうひかり。
これまた病んでしまいますが、紗希シナリオでは健気に応援するなど良いお姉さんぷりを発揮したりするシナリオもあるので、強い子なんだな、と。

ひかりシナリオの山場ははじめが「俺、死にたくねえよ!」とひかりに大泣きするシーンかな。
このゲームで最初にうるっと来た場面かもしれません。

詩さん。
眼鏡っ娘でほんわかお嬢様。
ひかりの親友です。
個人的に「タペストリー」プレイ開始から詩エンドで初めての号泣です。
手紙、指輪…駄目だ…はじめちゃん、そんなことやったら詩じゃなくても泣くだろうがー(TT)
真夜中に終わって一人で泣いておりました・・・。

紗希。
八重歯がかわいい元気っ子の後輩。
天然な女の子。
このこのシナリオではじめが遺した物はウエディングドレス。
エンディングのちょっと大人っぽくなった紗希がとても可愛いです。

遥海部長。
つかみ所のない先輩。
主人公の家の喫茶店でバイトしています。

いつもどこか飄々としていて、掴めない、ふらりと何処かに行っては帰ってくる…謎の多いキャラですが、私、この手のキャラ好きなんですよ。
紗希シナリオでもそうですが、主人公が体調の辛さに耐え、ヒロインに何か遺そうとするエンディングには本当に涙が出ます。


各ヒロインのエンディングに至るまでの皆との些細なやり取りや、はじめを取り巻く人々の気遣いが後のエンディングの感動を一層引き立てています…。

何と言うか、笑わせてくれるところはしっかり笑わせてくれます。
合宿でのお風呂覗きに必死になるところとか、ビーチでのレジャーシーンとか。
大抵のエロゲーには欠かせないシチュエーションにもかかわらず、楽しかったです。

長々と書いてしまいましたが、このゲームにあえてよかったなぁ。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ