2009/10/14

鈴鹿F1の再開と小林のF1デビュー  モーターレーシング

2年間の富士開催をへて鈴鹿のF1が再開した。
もともと他のサーキットの追随を許さないインフラとノウハウの蓄積があった鈴鹿でのグランプリは順調に開催され、リニューアルされた設備、ゲートの追加などおおむね、進化を遂げていたとは思う。駐車場、座席の完全予約化により、正直スポイルされた楽しさがあるのだか、いたしかたないのかなと、これにはこちらが対応していかなくてはならないのだろう。シートで場所取りをする不届きものがいなくなったのはとてもよかったが、これはこの犠牲の上になりたっている。なかなか完璧というのは難しいものだ。

ただエキストラビューポイントの制限がきつかったのはぜひ改善してほしい。
他の理由もあるのだが、今年はマシンの走行時の写真が一枚もない。撮影ポイントがぜんぶふさがれてしまったからだ。私はマニアではないが一眼レフをかついで交換レンズを3本持って観戦したこともある。もうそんな元気はないですが。
今年は観客がかなり減ったらしく、確かに少ない感じがしたのと渋滞が少なかったと思う。これは駐車場を予約制にしたのも大きいのかもしれないが、
当然、ホンダが撤退したこと、日本人ドライバーがいないこと、(あれ、いたっけ?)トヨタの悪行がたたり、さすがに実は外人部隊でスポンサードバイトヨタ、パナソニックに過ぎないことなど、想像される理由はあるにせよ、さびしい限りだ。もっともいまくらいがちょうどいいのかもしれないが。

今年は予約できなかったのと、これまでのように勝手にキャンプできなくなった(いや、もちろんいつからか、最近はテント代徴収されていてちゃんと払っていましたが、先着で場所確保できた。)ので3日間サーキットにとどまり、鈴鹿市内に出向くようなスタイルとは別になり21年目から新しいノウハウに挑まねばならなくなった。

今年であれば意外に場外の混乱はなく、これなら車を自由に出し入れできる
予約駐車場でも悪くはない。

さて、レースのほうでは金曜日に何故か小林が走っているという状況だった。あのまま日曜日も走って欲しかったが、グロックが無理に土曜日走ったせいか、なんとも不可解な場所で大クラッシュをして、ブラジルは小林が走ることになった。これは楽しみだ。

日本人が走っていたか?などとボケてしまったが、もちろん中嶋が走っていることは承知しているが、いまだに中嶋の来年を語っているメディアなどがあるが、誰がどう見ても首なのは明らかである。自分がチームのオーナーだと考えて想像してみてもらいたい。中嶋を走らせたい理由があるだろうか。

井上は別格として、これは中野のときと同じだ。あきらかに不適切な起用だったが、さすがにウィリアムズに押し付けただけはある。
トヨタの本命は当然小林だった訳だ。

小林に関しては下位カテゴリーで日本人としてはだか、十分な実績と一抹の不安があるリザルトを残している。
10年以上まえからモーターレーシングに興味のある人間は耳にしていた名前でこういうレーシングエリートは日本のレーシング史上初めてなのではないだろうか。
当然、期待してしまうが、F3時代、GP2時代とさすがと思わせる結果とともに、いったいどうしてという結果もつきまとう。マカオでの実質デビュー即勝利(リザルトは違う)の後のていたらく、今年のアジアシリーズでのチャンピオン獲得とヨーロッパシリーズのあまにもの不振。いったい何がどう違うのか、不思議だし、何の情報もないので分からないのだが、彼は傀儡の外人部隊のトヨタF1チームの人材でなく、日本のトヨタサイドのマネジメントのようで当然ここの予算で活動している訳だろうから、ここらへんの力不足だろうと予測はつく。

ブラジルでは彼の真価が試されるだろう。トヨタの状態は決して悪くない。
これまでF1デビューしてきたドライバーの中では、中嶋悟さんには及ばないが、佐藤琢磨なみの環境でのデビューということになる。
おまけに鈴鹿のウェットとはいえ慣らし運転つきなのである。

正直かなり期待している。小林が活躍できれば、F1ファンのトヨタ嫌いもだいぶ緩和するだろうし、応援せざるをえない。
小林を育てた功績を認めざるを得ないだろう。

小林ならできるかもしれないデータは出ているように思う。
しかし残念ながらという可能性もなくはない。
しかしある意味中野のせいで万全なデビューを阻害されて、活躍することなくさっていった高木のようなことはない。
これで駄目ならそれは小林の実力がそのようなもので、そしてイコールF1で走らせるような人材が今の日本にはいないということも明らかになってしまう。
来年の鈴鹿がまた大盛況になるように小林の活躍を祈りたい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2009/10/14  12:07

 

日本GPの予選でのクラッシュで負傷したグロックに代わり、リザーブドライバーの小林可夢偉が次戦ブラジルGPでデビューすることが決定しました!グロックは足を縫ったように聞いていましたが、どうやら脊椎損傷もあったとのことで、ブラジルGPは欠場するとのことです。鈴鹿のF 




AutoPage最新お知らせ