2006/2/19

採点競技のあや  モーターレーシング

フィギャアスケートというのは、結果を採点する審査員が決める。週刊現代の渡辺絵美さんの語る記事を読んだのだが、当然審査員の恣意的なものが関わってくるという話しだ。これについては様々な見解があるだろう。
ではモーターレースというのはタイムと最後にはゴールラインを誰が最初に通過したかを競うものなのだから、実に公明正大といえるのだろうか?
エキサイト : スポーツニュース
0

2006/2/19

採点競技のあや2  モテラ(Mote-La)ニュース

さあ、時計を操作しないかぎり、いんちきのしようがない。
そういう意味でモーターレースは公明正大。とてもフェアなものなのだろうか。
恣意的な採点による、スポーツ、トピックなものでいえばフィギャアスケートのようにいささか不明確に感じられる点などなく、ただよいタイムを出せば、誰よりも速くゴールに達すればそれで決まりの明快なものなのだろうか。
0

2006/2/19

採点競技のあや3 今年のタイムバトル  モテラ(Mote-La)ニュース

その限りなく公明正大に近い魅力を放って、いっぱしの形になってきたモテラ。
タイムバトルゲームがそれに果たしてきた役割は大きかったのだが、今年のレギュレーションが大きな波紋を呼んでいる。
0

2006/2/9

人を喰いものにする続編  車の運転で感じたこと

そもそも、礼儀正しくトラックバックの対価としてリンクをかけておいた旧道路公団のばかばかしい行状の記事も早くもリンク切れ。あまりにいつもいつも人をバカにしたような話しで満ちているので、実は何の話だかいまいちわからなくなってしまったことにには、率直にお詫び申し上げたい。ただ、わざわざ職業運転手の方の話題をもちだしているのだから、ETC割引の影響で路肩で時間待ちをする運転手が危ない
という話だったと思う。旧道路公団は迷惑づらだが、全面的に悪いのは旧道路公団と国土交通省の欲ぼけ役人だろう。そもそも高速道路はただなのだ。いつまでも金をとらなければならないのはこいつらが間抜けなだけであるのは多くの人が立証してきたことだからもう多くを語らない。確かこの話しで、ETCをいっぱい、さんざ、理屈をつけて高い金で設置しておきながら、全然人員削減できないとか、一部儲かりそうもない辺鄙な道路は国と地方に作らせて、残りの道路は高速道路はやっぱり全部作ることにしましたとかいう、他の同じく噴飯物のお話ではなかっただろう。
0




AutoPage最新お知らせ