2007/2/27

画期的だったのか?ホンダのカラーリング  モーターレーシング

噂は本当だった部分もあるが、それなりに興味深い内容だった。

ホンダF1の2007年のカラーリングだ。

私はチャリティというと自身の若い頃を思い出す。
若い頃に勤務していた会社では、業務時間を使ってアイディアコンテスト(だったかな?)というものに強制的に従事させられる。どんな場合でもアイディアを出すのは素晴らしいことだが、ものを分からない奴に説明するのはとても大変なことだ。
0

2007/2/25

画期的だそうだ  モーターレーシング

明日発表されるというワークスホンダのカラーリングは 画期的!! なものだそうだ。
0

2007/2/24

ここに注目!  モーターレーシング

ネルソンの息子がよさそうだ。

テスト真っ盛りの現在、どんな状況で走っているのかよく分からないけれどもいろいろ面白そうな状況が垣間見える。
このままBMWが来るならば、まるでいつか来た道。ルノーの後にBMWというのも企業体質をそのまま現しているようで面白い。
0

2007/2/21

やっぱりいまいちだった  モーターレーシング

期待のホンダF1チームだが、やっぱり状態はよくなかったようだ。


0

2007/2/7

こんな車が本当にあるんだ  車の運転で感じたこと

モーターショーなど以外でこんな車みたことありますか?
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/2/4

ハミルトンがトップ  モーターレーシング

黒人のハミルトンがトップをとった。スポーツの世界で黒人が優れているのはどの分野でも証明されているが、F1グランプリでは初めてのドライバーらしい。
それもチームはマクラーレン。そうロン・デニスのチームだ。ミハエルシューマッハをしてロンのチームでは走らないとメルセデスのチームで走るという筋道を外させ、片山右京インタビューに答えるに人種差別主義者のロンデニスには負けないように気張ったんですとハッキネンの妨害走行に怒りのコメントと、そういうキャラのボスが、12歳の頃からスカウティング、ハミルトンの父親は自分の財力からして、こうでもならなければ、息子にチャンスはなかったといわしめた決断だ。
0

2007/2/1

2007年F1日本グランプリの総裁は!  車の運転で感じたこと

これはフジスピードウェイのウェブサイトを見ると誰でも分かる事だけれど、総裁は田中節夫だ。しかし、これが誰であるか分かる人は結構通だ!私もこれが正確には誰であるかは分からない、同じような名前の人で前警察庁長官で、いろいろな団体に天下って数億円ぽっぽに入れていたり、非道な駐禁民間委託で影でがっぽり儲けていたりしている人のような気がする。なしにろ現職がJAFの総裁だから。
ドライバーの権利を守ると称するJAFがどんな組織なのかは、こういう例を見ればよく分かる。今はやらせ問題などトピックだが、見る目があれば、騙されることもないのが真実だろう。しかしながらFIAの日本の窓口なり、モーターレースのライセンスの承認もJAFが権限を持ってしまっているので、モーターレースに関わる人は関係を持たざるを得ない。本来ならこれも是正されるべきことだ。

そろそろ、放置違反金を払わないですむ方法を書きますかね(笑)
0




AutoPage最新お知らせ