2011/8/31

ルイスハミルトンはクラッシュ魔?  レーシング・レンタルカート

ルイスハミルトンのベルギーグランプリのクラッシュで間違いなく言えていることは、せっかく小林可夢偉が順調に順位をあげていたのに、それが台無しになったということだ。日本のF1観戦者からすれば、これはかなり腹立たしい

ハミルトンは今年だけでもこういったクラッシュがいくつかあるし、F1でのこれまでのイメージでは、こんな感じのクラッシュを繰り返しているという感じで、そう思っている人は少なくないように思う。

ある時、表には出ていないカート界秘蔵ビデオをみたことがあるのだが、しかしながら、そこでのハミルトンは意外な顔を見せていた。
ツインリンクもてぎ北ショートコースでの世界大会の時のことだ。
さすがに秘蔵ビデオなだけはあった。

0

2011/8/30

東電と同じ厄災を作る仕組み  車の運転で感じたこと

何かを監督、取締りなど行おうとする時に、規則を決める組織と同じところがやるのであれば、機能しないというのが当然なのは、原子力発電における保安院のあり方をみて、やっと一般的な認識になったのではないだろうか。

本当はこんなことは自明の理なのだが。

そして交通取締りもまったく同じ仕組みなのだ。監督、規制するのは公安委員会、たいていはしゃれにもならないが、電力会社の社長とか会長がなっている場合が多い。いわゆる社会の名士がなるのだ

もちろん報酬はたっぷりで仕事はお話を聞いてご高説を述べるだけ。実際には警察庁がガイドラインを決め、各都道府県警察が知事の意向など関係なく勝手に決めている。何を思って決めているかはドライバーなら分っているだろう。

もちろんこんなことは、この二つに限ったことではない。
官僚のやることはすべてこんなものだ。
0

2011/8/29

高速利権の具体例  車の運転で感じたこと

またまた、猪瀬氏が勘違い丸出しの言説を垂れ流している。
高速無料化についてだ。
馬淵氏の呆れた能天気発言、高速無料化で
民主党のおめでたい政治に国民はシラけ切っている

猪瀬直樹の 眼からウロコ だそうだ。

いつもはあきれることしかない猪瀬氏の話だが今回はとても面白い話があった。この件に関しては、猪瀬氏も知らないだろう。この話を読んだ方で猪瀬氏の知り合いがいたら是非読むように言ってやって欲しい。出来るなら直にあってどれだけ世間を欺く話なのか証明してやりたいものである。
0




AutoPage最新お知らせ