2005/11/14

最終戦での見事な復活劇  モテラ(Mote-La)ニュース

モテラ最終戦はコンディションの妙で複雑な展開になった。

こういうときには特に強いのが、先代チャンピオンだ

モテラの王様、江川選手が復活の今季初V。
タイヤコンディションがいつもと違い悪く、勝負車のタイヤの残溝がなくなるにつれて、懸念の声があがるが、すでに気温は冷感期のもの。2周のタイムアタックでは、とてもタイヤ温まらない。タイトルホルダーの竹谷選手、新チャンピオンの中島選手が弱気をみせて残溝のあるタイヤにスイッチして、平凡なタイムに終わる中、江川選手はここぞの強さを見せて勝利を奪った。
このブログで予言したとおりの結果となったが、ここのところの復調に加えて、この困難な状況をものにするあたりが王様の王様たるゆえんだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ