2007/10/16

1987年F1グランプリ 鈴鹿初開催の様子3  モーターレーシング

寒くて暗い夜、まるで知らない場所で夜を過ごすことになった。どんどん寒くなってきていた。土曜日のプログラムに間に合わず翌日を心待ちにしていたが、どうやって翌日まで持ちこたえるか。さっそくの試練をどう乗り切ったのか。
この記事は連載になってます。
0

2007/10/15

1997年F1日本グランプリ観戦 鈴鹿初開催の様子2  モーターレーシング

さて、ないないずくしで始まった1997年のF1観戦ですが・・・
0

2007/10/12

1997年F1日本グランプリ 鈴鹿サーキット観戦の様子1  モーターレーシング

予告していました、あまり知られていないが、今本当のことを知りたい人がいらっしゃる様子の話題です。
0

2007/10/10

アイルトンセナの真実 最終編  モーターレーシング

友人に裏切られた。内向的で自己陶酔気味で浮き気味の友人がいろいろリラックスできるようにしてあげたのに。ベルガーがここまで押し付けがましく思ったかどうかは定かではありませんが、本当に腹立たしかったことでしょう。
人の運命というのは不思議に思います。それでもこれを根に持つ事もなく、しかしチャンピオンという最大の名誉を得ることもなく、長い期間グランプリを生き抜いた記録をもってベルガーは引退。今はトロロッソのオーナーになっています。鈴木亜久里同様、かなりうまくやっているのではないでしょうか。
セナが生きていたらどんな人になり、何をやっていたのでしょうか。F1に関わるとしたらどんな役割を果たしていたことでしょう?
アイルトンセナの漫画が出ていたことをきっかけに書いてみたこの記事も最終回です。
0

2007/10/8

アイルトンセナの真実1991年日本グランプリ  モーターレーシング

あの時のポールタイムは長らく鈴鹿のコースレコードだった。
ベルガーが炎上する事故があったのはセナが亡くなったイモラの同じコーナーだが、見ていて間違いなく死んだと思った。物凄い事故だったが、ベルガーは軽症で済み、すぐに復帰したのだが、明らかにその後精彩を欠いていた。
(この記事は数回の連載になってます。最初の記事に書こうと思ったきっかけが書いてあります。)
0

2007/10/7

罪深いトヨタ自己満足グランプリがチャンピオンシップにも・・・  モーターレーシング

F1中国グランプリは、日本グランプリでも出色の走りを見せたライコネンが勝利。ハミルトンのミスとアロンソの奮闘の2位でチャンピオンシップは最終戦にもつれ込んだ。
このままハミルトンが勝ったとしても、総合優勝にはふたつの味噌がついてしまう。
ひとつは微妙な問題だが、もうひとつはトヨタがやらかした悪行と関係がある。
0

2007/10/6

アイルトンセナの真実 1991年編  モーターレーシング

アイルトンセナが稀有なドライバーであったことは間違いない。
しかし、彼が特異なのはそのドライビングだけではない。
この記事は数回の連載になっています。よろしければ過去ログもご覧下さい。

さて後編ともいうべき1991年の日本グランプリ、ベルガーを最終コーナーで前に行かせて、彼のシーズンを通しての協力に報いたとして美談になっている件です。


0

2007/10/5

1997年F1グランプリ、鈴鹿初開催の様子  モーターレーシング

1997年F1日本グランプリ、鈴鹿の初開催の時の様子を知る人は少ないと思う。
ましてやビデオの生映像を持っている人などほんとうにあまりいないと思う(えっへん)

何しろホームビデオカメラなど、今のものからするとお粗末なもので、画質も物凄く悪いのだが、それでも所有していることすら珍しかったと思う。現場でも見る限り同じものを持っている人はいなかったと思う。私は持っていた。私がお金持ちだったからでなく、そういうものに強く関心が向かっていたからだ。その関心がこのF1グランプリへ一気に転換したのがこのグランプリの観戦だ。顛末を読んでもらえば分かるのだが、状況的にはとても悲惨なものだったのだか、とにかく楽しくかつインパクトのある体験だった。

だからこそ、鈴鹿だって最初は同じでしょ。鈴鹿だって混むでしょ。という意見に対して、大鵬の心は小鳥には分からない!!と沢尻エリカ並みの傲慢さでいうのだ。

詳細を何度かに分けて書こうと思います。アイルトンセナ、ベルガー編も書かなくてはならないので順番になると思いますが。
0

2007/10/3

アイルトンセナの真実 1989の続き  モーターレーシング

さて、私にはセナの自滅特攻にみえた1989年F1日本グランプリのシケインの事故の件ですが・・・
0

2007/10/2

2007F1の惨状 トヨタがやったこと  モーターレーシング

トヨタとJTBがF1ファンの夢を打ち砕いた件ですが、例によってマスゴミはきちんと報道をしてないようなので、有志の方が苦労してまとめられたサイトを私も御紹介することにしました。

ご覧下さい。

0




AutoPage最新お知らせ