2007/4/14

考えたこと (1)  分類メンドーw

旅行の話しのようで 旅行の話しではないような そんなお話しです・・・


考えたこと その1


それは・・・



「禁煙」です。


いや、「喫煙」かな?



実は今回宿泊したところは全面禁煙のホテルでした。


タバコを吸う場所は広いホテル内でたった2箇所。


部屋では当然吸えません。


てくてく てくてく 喫煙場所まで歩いていきました。



実は、私は今回の旅行前に軽い期待を抱いていました。

ほとんどが公共の場所や乗り物ですから喫煙チャンスは減るだろう、

だからもしかして再度禁煙へのキッカケをつかめるかも?とか

そこまでいかなくても本数を減らすことができるかも?とか

それが予想外に厳しい状況下におかれることになったわけです



ええ、結果として現地での2日目の夜に最後の1本を吸うまで

確かに本数は減りました。


そして、最後の1本を吸い終わった時「これでやめたい」って思いました。


だけど・・・


空港そばで「つい」1箱買ってしまったのです。

それも「すんごい吸いたい、我慢できない」という状態で買ったのではなく

「なんとなく・・・」という感じでです。


そして1箱買えば当然1箱吸ってしまいました。


今、手元にはもう残っていません。


親方が寝てから私は、旅行の思い出の反芻もしていましたが、

「禁煙」「喫煙」について考えていました。



正直に言うと、前回禁煙に失敗してからあと私は「もう無理だろう」って思っていました。

ええ、あきらめてしまった、というか・・・


でも、今回タバコを吸うのに非常に不自由して思ったのは

こんな不自由から解放されたいという思いです。


タバコを吸わなければタバコに時間や行動を束縛されることはなくなるのですよね。


ご褒美として、当然タバコ代が浮きます。

タバコ代はハッキリ言ってバカにならないと感じてきました。。。



親方は去年の6月4日でタバコをやめましたから
(すごいですよね超ヘビスモだったのがピタっとやめたんですから)


私が「タバコを吸いたい」と言うたびに

親方まで「待ち時間」という無駄な時間を使うわけです。

つまり、私は親方の時間まで奪っているわけです。



親方はタバコをやめてから すんごいお小遣いが浮いています。
(結果おこづかい額が引き下げられましたがw)

仕事中もタバコをやめたことにより、ペース配分が変わり以前より手早く作業が

進んでいる、というようなことを言っています。


タバコをやめて時間とお金と自由を手に入れたわけです。


引き換えて私は禁煙に失敗して相変わらずの束縛のなかにいる・・・

そんな風に痛切に感じました。



「禁煙」「喫煙」


なんなんだろう?って・・・


今晩このままタバコを買いに行かなければ・・・?

明日もそのまま買わなければ・・・?

それが明後日も続けば・・・?



今、「吸いたい〜〜〜」とは感じていません。

いや、軽くは思いますよ。当然。ただ、”ものすごく欲しい!”とは感じていません。



考えているんです「禁煙」に関して。。。「喫煙」に関して。。。



自由・・・不自由・・・


解放・・・束縛・・・



前回の禁煙チャレンジは はっきりいって「我慢との勝負」でした。

でも、今はなんだか感じが違うんです。

この感覚をうまく表現できないんですが。



今が明日へ続き、明後日へ続き、1週間後に続き・・・ その後へ続けば?



明日私はどうするのでしょうか?





正直なところ まったく自信はありません。。。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ