2014/3/26

メールマガジン第59号  メルマガ

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜*
.:*.。o○o。 沖本ゆきこ.*:._.:*. ぐぬぬなひととき 
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜

メルマガをご購読くださり、ありがとうございます。

沖本ゆきこのメールマガジン

☆ぐぬぬな…ひととき第59号は、 

「日本の支配構造が生んだ小保方ねつ造事件」

というテーマで書きました。

インターネット上で祭り状態になっている

小保方さんの万能細胞ねつ造事件は、

日本の社会のあらゆる問題点をすべて、

浮彫にしています。

真面目でウソをつかない日本人が博士論文で

他人の研究を丸写し(コピペ)し、

実験もしないで画像を切り貼りしたもので学位をとり、

さらに成功してもいない「STAP細胞」で

政府から莫大な研究資金を

引き出そうとしていた前代未聞の詐欺事件。

このような深刻で重大な詐欺事件は、30才の女性

小保方サン一人の力で成しうるものではありません。


=====================

⇒ 

*バックナンバーは、ご要望があれば、電子書籍などの形式での

 販売を検討しています。

 ご要望は、ツイッター @yukiko_gnn へ お願いします。
0

2014/3/19

メールマガジン第58号  メルマガ

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜*
.:*.。o○o。 沖本ゆきこ.*:._.:*. ぐぬぬなひととき 
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜

メルマガをご購読くださり、ありがとうございます。

沖本ゆきこのメールマガジン

☆ぐぬぬな…ひととき第58号は、 

「311後の日本」 というテーマで書きました。

311から3年が過ぎました。

犠牲になられた多くの方々のご冥福を祈ります…。

政治家は、式典などで、このように挨拶をします。

県議だった頃は、建前の世の中のしくみを肯定して

私は信じていました。

(洗脳状態バリバリでした!)

陰謀論はなんとなく知っていましたが、

ハリウッド映画やおたくのアニメのネタ元という認識で

エンターティメントの時間つぶし…ぐらいにしか

受け止めていませんでした。

映画やアニメで暗示されている物語性に魔術があるとか

魔導師が企んでいる陰謀の話は、

ネット民の内輪話ぐらいだ…とサラリと見過ごしていました。

311後の統一選で落選して、

私が何の疑問も疑念も抱かず、

次のステップへ移っていたら…

たぶん、洗脳状態の議員や国民はもっと

今より多かったのではないでしょうか?

2003年の統一地方選、2005年の県議補選、

どちらも【不自然さ!】【おかしいさ!】を感じていましたが、

不正選挙を決定的に確信するまでには至っていませんでした!


よもや、行政機関やマスコミが不正に加担するなど

私の想像の範囲を超えた事柄でした。

=====================

⇒ 

*バックナンバーは、ご要望があれば、電子書籍などの形式での

 販売を検討しています。

 ご要望は、ツイッター @yukiko_gnn へ お願いします。
0

2014/3/12

メールマガジン第57号  メルマガ

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜*
.:*.。o○o。 沖本ゆきこ.*:._.:*. ぐぬぬなひととき 
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜

メルマガをご購読くださり、ありがとうございます。

沖本ゆきこのメールマガジン

☆ぐぬぬな…ひととき第57号は、 

「情報格差の社会」 というテーマで書きました。

日本のあらゆる問題の解決を阻んでいるのが、
情報格差の問題です。

テレビや新聞だけを鵜のみにして信じている国民は、

ネットの情報なんて、「デマが多いからね…。」と

洗脳されています。

たとえば、インターネットを通じて国際的に広がった

ビットコイン(仮想通貨)も「結局、詐欺だったワケでしょ!」と

「ネットなんかやるから詐欺にだまされるのよ…。」と

大手のマスコミを信じている人たちは奇妙な優越感をもっています。

ネット民からすれば、今の政治家や官僚は企業や業界側の都合のいい

情報で洗脳されていて、国民の立場にたった「不都合な真実」から

目を遠ざけていると思っている人々もたくさんいます。

同じ国に暮らしながら、知り得ている情報があまりにも違うのです。


例としてあげれば、311大震災と小沢事件です。


=====================

⇒ 

*バックナンバーは、ご要望があれば、電子書籍などの形式での

 販売を検討しています。

 ご要望は、ツイッター @yukiko_gnn へ お願いします。
0

2014/3/5

メールマガジン第56号  メルマガ

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜*
.:*.。o○o。 沖本ゆきこ.*:._.:*. ぐぬぬなひととき 
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜**〜*〜*〜


メルマガをご購読くださり、ありがとうございます。

沖本ゆきこのメールマガジン

☆ぐぬぬな…ひととき第56号は、 

 「民主主義を取り戻す闘い」 というテーマで書きました。

不正選挙の追及は後ろ向きだとか、
「陰謀論」だと、あざ笑う人がいます。

現実に、昨夏の参院選に関して、
不正選挙の訴訟はおこされましたが、
不当裁判で却下され、瞬殺されています。

日本にも、元々、民主主義はなかった!

主権在民でもなかった!ということでしょうか?

不正選挙をやめさせるために、
出口調査の発表を禁止させる訴訟を
国民がおこすしかありません。

他の民主主義国で、開票前に出口調査の結果で
当選が決まる国はありません!

開票の数を数えず、
当選がつくられていくことを認めれば、
民主主義は成立しません。


「不正選挙」をやめさせるコトは、
公正な選挙を求める、未来を創る第一歩です。

次の選挙でも、「不正選挙」がくり返されるのを
何の手も打たず、ただ、だまって見ているだけで
いいのでしょうか?

国政選挙、首都の選挙は不正だとわかっていて、
それを続けさせるのが、
民主主義でしょうか?

腐りきった患部を放置したままで、
体が健康になりますか?

民主主義を壊している人々が政権を握っています。

票のすり替え、書き換えを平然と行い、
官僚に操られる無能な候補を議員にするのが、
民主的な政治でしょうか?

=====================

⇒ 

*バックナンバーは、ご要望があれば、電子書籍などの形式での

 販売を検討しています。

 ご要望は、ツイッター @yukiko_gnn へ お願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ