2007/7/25

vs. サウジアラビア代表  サッカー関連

結果から言うと3−2で完敗。良い試合をしていたかもしれないけど、完敗。
思い切り良く攻撃し始めるの遅すぎ。。。まるで清水にあるどこかのチームと一緒(笑)
どーせ明日の朝刊では、日本惜敗とか、あと一歩とか見出しが付くんだろうが、ただ単にサウジの思惑通りゲームをコントロールされていただけ。
見ていてとても腹が立った点とエスパルスとの共通点:
1.横パスばかりが目立ち、ボールポゼッションが高いので、一見ゲームを支配しているように見えるが、実はボールを回させられているだけ。そしてその横パスを狙われ、簡単にカウンターを喰らう。

2.バイタルエリアに入っても、相変わらず細かいパスを回し、誰もシュートを打とうとしない。まるでシュートを外す責任から逃れるためにパスを回しているようにしか見えない。そしてそのパスをかっさらわれカウンターを喰らう。

3.縦パスを入れ、単純にゲームを組み立てたり、思い切りの良いシュートを打ち始めるのは終了間際。それもロスタイム寸前になってから。。。エンジン掛かるのが遅すぎる。解説者からは、よくスロースターターと言われるなど。

4.何が何でもこの相手には勝ってやろうという気迫が、全然伝わってこない。ただし、得点を決めた中沢や阿部からは、見ているこっちにも伝わるものがあった。ただ、サウジのツートップに振り切られたのもこの二人だったけど。。。全体的に、一対一の局面では、負けている場面が多かった。それだけサウジの選手が巧かったとも言えるのだが。。。

だからといってオシム解任論などと、馬鹿な記事を載せたりするスポーツ紙があったら、その記事を書いた奴に「じゃー誰にしたいの?」って逆に聞きたいものである。
ちなみにオイラは、オシム監督支持者である(ジーコは、さっさと解任して欲しかった。あの失われた四年間は、大きいと思う)。
思わず怒りに任せて、こんな日記を書いてしまったが、まぁ本音だから良しとしよう。

日本戦の前の試合の韓国代表も、まるでダメだったなぁ。。。

今日のニュースで唯一嬉しかったこと、それは。。。
「法政大の本田拓也選手が、エスパルス入団内定となったこと。レッズが名乗りを上げていたので、ヒヤヒヤものだった(笑)」
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ