2006/1/9

雪の彦根城  旅行関連

ここのところ、色々と立て込んでいて、1月3日以来ゆっくりすることが出来なかったが、久しぶりに今日一日だけは、時間を取ることが出来た日だった。前日友達から18切符を使ってどこかに行かないか?との連絡を受け、色々と悩んだ挙句雪の彦根城を見に行くことにした。
今まで5、6回彦根城を見に行ったことがあったけど、冬、それも雪が積もっている彦根城を見に行ったのは、確か初めてのはず。行く途中、関ヶ原の辺りは雪で一面覆われていて、どうなることになるかと少し心配したが、彦根は快晴。素晴らしい、彦根城見学日和になった。
年が明けたばかりとあって、彦根城博物館では、正月にちなんだものを展示してあり、中々面白かった。また、彦根城天守閣を見る前に、少し腹ごしらえと城内の飲食所(軽食堂、或いはみやげ物屋?)でおでんを食べながら店の人と少し世間話を。聞いたところによると、年が明けてからず〜〜〜っと雪が毎日降っていて、晴れたのは久しぶりだとのこと。実はかなりラッキーだったということを初めて知った。
そして天守閣へ。今日まで毎日雪が降っていたというだけあって、雪を被った天守閣(国宝)は素晴らしかったし、天守閣から見える琵琶湖、及び周りの山々の景色は言葉では表現できないほど綺麗なものだった。
景色を堪能した後は、玄宮園へ行き、庭から見える彦根城や雪で覆われた庭園を楽しむことが出来た。もちろん、ここでもお抹茶を頂いちゃいました(笑)
その後は特に予定も無かったので、北野神社まで歩いて行き、餅撒きに参加(これは偶然)、さらに琵琶湖まで行き、そこでしばらくゆっくりしてから帰宅の途に。有意義な一日を過ごすことが出来ました。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ