2009/4/4

59. 姫路城  日本100名城

「日本100名城パルちゃんと行く 〜姫路城編〜」
実に6年ぶりに訪問した姫路城。以前は毎年桜を見に姫路城に行ったり、大学の友達が日本へ遊びに来ると連れて行ったりしていたので、今回が8回目の訪問となる。
クリックすると元のサイズで表示します

ただし久しぶりに行った姫路城やその周辺は、だいぶ趣きが変わっていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まず以前にはなかった「桜門橋」というものが「大手門」前に造られていて、まるで雰囲気が変わっていた。この「桜門橋」というのは、発掘調査で出土した遺構を活かして、江戸時代の木橋をイメージして2007年に復元されたものだとのこと。
また、大手門前にあったおみやげ屋のお店も全て新しい建物になり、以前の面影がまるでなかった。
「大手門」をくぐり「三の丸広場前」へ出るとやはり凄い人の数だ。ただ、天気が悪いので凄い人出ではあるが、思っていた以上ではなかった。外国人観光客、花見に来ている人達はさすがに多い。
クリックすると元のサイズで表示します

入場券を購入する前に100名城スタンプを押すため事務所へ行く。さすがにここに100名城スタンプを押しに来る人は他の城に比べて多い。
クリックすると元のサイズで表示します

入場券を購入し入場、「菱の門」をくぐり「姫路城天守閣」の写真を撮る。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「西の丸の石段」を登り「西の丸」方面へ移動、続けざまに天守閣の写真を撮る。途中桜の写真もたくさん撮ることが出来た。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そこから「渡櫓」「百間廊下」を通り「化粧櫓」へと行く。その途中見ることが出来た桜や天守閣はまた素晴らしかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「化粧櫓」を見学した後は、天守閣を見に移動する。その途中に見ることが出来た桜もこれまた素晴らしかった
クリックすると元のサイズで表示します

雨がだんだん激しくなる中、傘も差さずに天守閣を見上げながらただ待つ。。。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ただ、やはり見上げた天守閣の大きさはハンパじゃない。他の城の天守閣とは大きさが段違いにでかい
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そして天守閣見学に来ている観光客の数もハンパじゃない(笑)入場制限で何度も止められ、なかなか前に進むことが出来ない。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ようやく登ることができた大天守の最上階からの景色は絶景。今まで歩いて来た姫路城内を一望できる。
通常ならここまでで終わりだが、今回は特別公開が行なわれていて「乾小天守」を見ることが出来た。もちろん「乾小天守」を見ることが出来ることも魅力だが、ここから「大天守」を見ることが出来ることの方がある意味素晴らしい。ナンと言っても迫力が違う。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

凄く久しぶりに見た「姫路城」に大満足し天守閣から出ると、最後にまた素晴らしい角度からの天守閣を見ることが出来た。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ