2009/10/12

赤石岳と荒川三山 2009B  登山

今日は椹島14:00発のバスには絶対に間に合わなければいけないので、かなり時間に余裕を持って荒川小屋を出発することにし、朝3:30起きで4:10荒川小屋を出発した。もちろん、昨夜のうちに今日の朝ごはんをお弁当にしてもらって受け取っていた。
クリックすると元のサイズで表示します

大聖寺平に4:50到着。本当は荒川小屋からここまでの道程が、一番歩いていて気持ち良さを感じられる場所だったので、明るい時に歩きたかったのですが。。。残念。真っ暗闇の中を歩きました。
大聖寺平から小赤石岳の肩までのジグザグ坂道を登っていると、次第に空が明るくなり始め、後ろの方から歩いてくる人達のヘッドライトもチラホラ見えるようになりました。
そして小赤石岳の肩手前から見た荒川小屋方面の景色は、5:40頃にはこのようになっていました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

すでに荒川小屋は遥か彼方に。。。ついさっきまであそこにいたのが嘘のようです。
そして明るくなり始めてきた空の方を見てみると、雲海が広がっているのが良く分かります。
クリックすると元のサイズで表示します

どうも日の出が近そうな感じでしたので、急いで小赤石岳の肩まで登ると絶妙のタイミングで日の出を見ることが出来ました。この時点で、5:50。
クリックすると元のサイズで表示します

水分補給をしながら、しばらくの間日の出を堪能。そして再出発し、すぐそこに見える小赤石岳頂上へ向かいました。6:15小赤石岳頂上へ到着。
クリックすると元のサイズで表示します

今日オイラより先に荒川小屋を出発した人はいないし、ここまで誰ともすれ違っていないので、オイラが小赤石岳頂上に今日一番最初に来た人間のはず!!
ナンだか妙にそのことが嬉しい(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこれから目指す赤石岳頂上ももうすぐそこだ。ここまですこぶる順調に来ている。
クリックすると元のサイズで表示します

赤石岳頂上までの道程では、何人かの登山者に出会ったが、みな凄いカメラを持っていて、眼下に広がる素晴らしい風景を写真に収めようと一生懸命写真を撮っている。
6:45赤石岳頂上に到着。風が強く、むちゃくちゃ寒さを感じ、涙と鼻水が止まらない。
クリックすると元のサイズで表示します

赤石岳頂上で写真を撮っていた人は、自分が立っている岩の下は崖だと言うのに写真撮影に夢中で、見ているこちらの方が怖くなってくる。
クリックすると元のサイズで表示します

この頂上で素晴らしい景色を堪能しながら、荒川小屋で作ってもらった朝ごはんの弁当を食べるつもりでいたのだが、あまりにも風が強く寒いので、撮りたい写真を撮ったらさっさと退散することにした。見える景色は最高なのに・・・
クリックすると元のサイズで表示します

赤石小屋方面への分岐点まで戻る。この時点で7:15。かなり順調に来ているのではないだろうか。ここからはずっと下り道。こんな風景を見ながらの下山になる。
クリックすると元のサイズで表示します

今日は一段と雲海と富士山が綺麗に見える。
クリックすると元のサイズで表示します

下り道を歩き始めると、さっきまでの風が嘘のように無風になり、太陽に照りつけられるような形で、返って暑くなり始める。ちょうど良い所に水場があり、ここで休憩しながら朝食の弁当を食べることにする。朝の弁当だから、おにぎりに沢庵くらいだろうとたかを括っていると何と凄いご馳走ではないか!!
クリックすると元のサイズで表示します

そしてこの弁当を食べながら見ることが出来た景色がこれ!!これってむちゃくちゃな贅沢だと思うんですけど・・・(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

朝食の弁当と景色を堪能し再出発。一路富士見平を目指す。
クリックすると元のサイズで表示します

9:00富士見平到着。ここで昨夜荒川小屋で一緒に呑んでいたおじさん連中に追いつかれた(笑)おじさん連中も結構なペースで歩いてきたようで、疲れているようだった。
水分補給をしてから、今度は赤石小屋を目指して再出発。途中からは紅葉している木々が目立つようになってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

赤石小屋には、9:30到着。ここでは、沸かしたコーヒーでも飲みながら、赤石岳の景色を堪能しようと考えていたのだが、沸かすのが面倒になり、コーヒーと管理人お勧めのケーキを頼み、一息入れさせてもらう。
クリックすると元のサイズで表示します

さすがにお勧めだけあって、ケーキもコーヒーもむちゃくちゃ美味しい。管理人さん、ご馳走になりました!!また来年も別のケーキとコーヒーを飲みに伺います。
クリックすると元のサイズで表示します

話しに花を咲かせて赤石小屋前に長居してしまったので、そろそろ再出発することにする。この時点で、10:15。コースタイムだと、ここから椹島まで約3時間半。ちょっとギリギリでやばいかも。。。急がなくては。
しばらくは少し早いペースで下山していたが、膝が少しずつ痛み始めてきたので少しペースを落とすことにした。景色も先程までとはだいぶ変わってきたし。
クリックすると元のサイズで表示します

そして12:45椹島に到着!!思っていたよりもだいぶ早く着くことができた。とは言っても最後の30分程は、膝の痛みでかなり泣きが入っていたのだが・・・
クリックすると元のサイズで表示します

そしてみんなが休んでいる所まで行ってみると、オイラより遅く荒川小屋を出発した人達がみんなすでに到着しているではないか・・・
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりオイラって歩くの遅いんだぁって再認識させられた。別に競争しているわけではないんだけど。。。でも素晴らしい景色を堪能できたんだから良しとしよう。
椹島からバスが14:00に出発するまでしばらく時間があったので、レストランで昼食を食べ、昼食後はこの三日間で山の中で出合った人達と色々な話をした。みんな色々な山に登っているんだなぁ〜。そして14:00椹島出発のバスに乗り込み椹島をあとにする。
畑薙第一ダムに到着後は、すぐに車に乗り込み赤石温泉白樺荘へ直行!!
クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりのお風呂に入り、心地良い疲れを癒した。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ