2010/4/17

vs. ガンバ大阪  サッカー関連

今日も朝から寒かったので、起きてから暫くはダラダラしていた。そして9:00頃に家を出発、お遍路で知り合いになった富士在住の人のお店にお味噌を買いに行ってきた。
途中までは曇っていて富士山も見えなかったが、富士市手前で綺麗な富士山が見えた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

やはり富士山は偉大だ!!見えると一気に気持ちが晴れる
仕事中のお店にお邪魔させて頂き、先日結願したことと、高野山にお礼参りに行ってきたことを報告する。一緒に四国を歩いたのは8ヶ月も前のことだが、その時の話をするとそれだけで盛り上がることが出来る。本当にお遍路では色々な貴重な経験をさせてもらったんだなぁ〜って実感する。

帰宅後、清水エスパルスvs.ガンバ大阪戦をテレビ観戦する。前半は観ていてイライラするくらいの消極的なプレーが目立ち、パスミスやトラップミスなどにより攻め込まれるシーンがあまりにも目に付いた。ボスナーのPKを与えてしまったプレーにしても然り。自滅している感が凄く強かった。
しかし、後半に入ると一転積極的なプレーが目立つようになり、得点しそうな雰囲気がプンプンしてきたが、GKのファインセーブ、ポストやバーに当たるシュートばかりで一向に点に結びつかない。。。
ただし、今年のエスパルスと去年までのエスパルスの違いは、今までだったら負けていたような試合を引き分け、あるいは逆転に持っていけるゲーム支配力にあるのではないだろうか。実際に岡ちゃんのゴールまでの崩しは完璧だったように思う。
そしてその後にも再三勝ち越せるチャンスはあったのだが。。。
とりあえずスコアは1−1のドロー。NHKのアナウンサーが試合終了と共に、引き分けにも拘らず「負け無しの清水エスパルス、初めて黒星がつきました」って言い切ったのをオイラは聞き逃しませんでした
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ