当ブログサイトの記事・画像、及び映像コンテンツの著作権は、【創健堂整骨院】【『鳥類』/ Sei SHIBATA】に帰属しています。許可無く当ブログの記事・画像の複製・転用、無断掲載、映像のコピー、上映・配信等の使用行為は禁止しております。私的利用も含め、まずは、◇『鳥類』E-mail/Bardbone@aol.com サイト管理人:柴田 誠 まで、ご連絡ください。Copyright (C)『創建堂整骨院』Sokendo seikotuin &『鳥類』/ Sei SHIBATA .All Rights Reserved

2009/4/7

090405:『鞄゙良義肢』取材3の1/《ソフトインサート》製作の続き  【取材ログ】
2009年4月5日(日):曇り(少々小雨)のち晴れ

僕は、約一カ月ぶりの『鞄゙良義肢』取材。
榊原先生は、先週のレポートにあった、《ソフトインサート》製作の続きと、
その後、それをベースにして、FRP成型での"アクリル樹脂"の流し込み、
《ソケット》の完成を目指す。
※これらの行程は、過去のレポートにもあります。
・090222:『鞄゙良義肢』取材1の3/義足《ソケット》の制作行程
 http://orange.ap.teacup.com/bornpain/16.html
・090308:『鞄゙良義肢』取材2/義足ソケット製作体験
 http://orange.ap.teacup.com/bornpain/17.html

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
形成が出来た《ソフトインサート》に、樹脂を流し込んだ際の“剥離材”を被せる。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
FRP成型のための"ストッキング"を被せてゆく。
クリックすると元のサイズで表示します
この後、《ソケット》と義足本体を固定するパーツや、着脱の機構を取り付け、
"アクリル樹脂"を流し込むことになる。

−−−−−−−−−−
今日は、僕も作業をお手伝い(^-^)
リサイクルする義足から、再利用できるパーツを外すための解体作業。
クリックすると元のサイズで表示します
これは、《ソケット》と義足本体を繋ぐ部品を取り出そうとしている所。
※この手は、榊原先生ですが(^^;)
《ソケット》自体の"アクリル樹脂"は、熱を加えると軟化・変形するので、
ドライヤーで温めながら、樹脂だけを剥がしてゆく。
クリックすると元のサイズで表示します
キレイに外すことが出来ました!
クリックすると元のサイズで表示します

−−−−−−−−−−
この作業に入る前、瀧谷さんにご紹介いただいた、
【右手上肢切断】の方のビデオ取材を行うことができた。
それについては、次のレポートで。
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ