2010/9/24

ロマンチック街道  
水曜日はレッスン。発表会が終わったばかり。

先生も練習してきてないことは分かっていたみたいで、まずはおしゃべりから。発表会についてはお褒めの言葉を頂いて嬉しかった〜♪

その後は次回の曲選び。3月の発表会に向けてのソロ曲。
実は先日の発表会直前には次回はこれと心に決めていた曲があった。発表会に向けて上り調子だったこともあり、この勢いに乗って自分の苦手な要素が詰め込まれた曲に敢えて取り組もうと考えていた。

ところがいざ発表会の日を迎えたら緊張の中で曲を演奏するのがどれだけ大変かを思い出したよ。喉元過ぎれば熱さを忘れるじゃないけど、人前で弾く難しさを忘れてたね。今の私に上記の曲は無理かなあって。練習すればある程度は弾けるようになるとは思うけど、苦手要素ばかりの曲を緊張の中で弾くためには100%どころか200%の仕上がりにしないと無理だもの。しかも3月の発表会は奏楽堂。客席が明るいのでお客様の顔がよく見える。緊張もさらに増すのよね。

で、いろいろ考え直した結果、今回は3〜5分くらいの短めの曲を丁寧に仕上げて、練習と本番の差をより少なくしたいなあと。今回の発表会で部分的にではあるけどベストの演奏ができた箇所があったのが嬉しかったので、もっとそういう部分を増やせればなあと思った訳。

そのコンセプトで自ら選んだ楽譜をいくつか用意して先生にお見せしたところ、先生も賛同して下さったので、今回はその方向でいくことになりそう。

この日用意した楽譜は下記の通り。今回の発表会で他の方が弾いたのを聴いていいなあと思った曲もあるし、以前から機会があったら弾いてみたいと思っていた曲もある。

ケ=デルヴロワ  組曲
ラフ  カヴァティーナ
ラフマニノフ 二つの小品
ドビュッシー メヌエット(小組曲より)
ブラームス ソナタ1番2楽章

次回のレッスンで楽譜のコピーとCDをお渡ししてさらに検討して頂くことになったので、正式に曲が決まるのはちょっと先になりそう。(来週は5週目でレッスンお休みだし。)

私の好みがかなりよく表れている選曲だよね〜。
先日の発表会の打ち上げで選曲について何人かで話していた時に、みんな二つのタイプに分かれていくよねという話になった。バッハ、ヴィヴァルディ、クープラン、ハイドン、ベートーヴェンあたりを好んで選ぶタイプと、メンデルスゾーン、フォーレ、シューマン、ラフマニノフ等々を選ぶタイプ。もちろん先生が選曲することもあるし、それぞれいろいろな曲を経験したいので必ずしも全部が当てはまる訳じゃないけど、だいたいの傾向が見えてくる。

私はもちろん後者。打ち上げでは「ロマンチック街道」と皆で名付けた。(笑)
私は「ロマンチック街道まっしぐら」だそうな。音楽の細かい分類はよく分からないけど、ロマンチックな音楽大好き。まあ、何がロマンチックかはその人その人の感じ方だけどね。ちなみにロマンチック街道まっしぐらの私が、今までの発表会で演奏した中で練習していて一番楽しかった曲はどれか聞かれて答えたのは、ラフマニノフのソナタの3楽章です☆

さて、とりあえず上記の曲の中からこの日のレッスンではブラームスの2楽章を残りの時間で譜読みした。先生も大好きな曲ということで。発表会で弾くかどうかは分からないけど、まずはこのままブラームスを見て頂くことになるかな。
1

2010/9/25  11:32

投稿者:はるみ
みんさん、発表会お疲れ様でした。
みんさんは次回どうするか決めましたか?

心に決めていた曲は・・・クリスチャン・バッハの3楽章です☆
重音いっぱいな上に速めのテンポ、緊張で崩れやすい曲ですよねえ。挑戦する勇気が出ませんでした。もう少し上達して心に余裕を持って弾けるようになってから挑戦することにします。

2010/9/24  23:01

投稿者:みん
その「次回はこれと心に決めていた曲」が気になります〜。聞いていたかもしれないけど、どれですか!?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ