2021/8/26

コロナ禍続く…  
先日、コロナ禍の中、夏の演奏会が無事終了した。

前回定期演奏会の記事を書いた時は、夏にはもう少し状況が良くなっていると思っていたんだけどね…。
定演後の活動について簡単に書いておきますね。

●2月7日 定期演奏会(前回の記事の通り)

●5月22日 友人の所属する少人数オケに賛助出演

3月半ばに連絡が来て3月末から練習に合流。
なんとチェロは友人と私の2人だけ。しかもメインはブラームスの交響曲2番!!
ブラームスをチェロ2本で弾くのは大変だった〜
さすがにこの時期は自分の所属するオケの曲よりもブラ2を必死でさらったよ。
本番は緊張したけど、楽しく良い経験になった。

●8月15日 夏の特別演奏会

今年こそは昨年中止したオペラ「愛の妙薬」公演を実現させたかったけど、早い段階で断念せざるを得なかった。
新たに企画したのはソリストさんを迎えてのオペラガラコンサート。
感染がちょっと落ち着いてきた時期には「この分なら客席フルオープンで開催できるかもね?」とまで言ってたのに、本番の前の月から急激に状況が悪化。宣伝も途中から自粛して、客席50%よりもさらに制限しての開催となった。
ソリストさんの歌声も素晴らしかったし、オケも頑張ったのになあ。
もっと多くの方に聴いていただきたかったなあ。

※自分の所属するオケも友人のオケも、緊急事態宣言で練習の中止、会場の変更、時間の変更など多々あり、いろいろ大変だったよ。
※練習後も演奏会後も飲み会や打ち上げがいっさいできないのが寂しいね。お手伝いに行ったオケでもせっかく知り合えた皆様とゆっくりお話しできなかったし。
夏の特別演奏会後には、チェロパートでリモート打ち上げを開催。練習の時に顔を合わせている割には、久しぶりにゆっくりおしゃべりした感じ。マスクをしていない素顔も久しぶりに見た! 
やっぱり交流の時間は大事だね。

●レッスン

今年に入ってから4月と7月にしかレッスンに行けてない。
先生も私もワクチン接種は済んだのでなんとか続けられないかなと思ったけど、このところの感染状況の悪化で断念。
先生もご高齢なので無理は言えないけど、レッスンがないと張り合いがなくて…。
2020年のベートーヴェンイヤーに発表会で演奏するつもりだったベートーヴェンのソナタ(1楽章だけ)、レッスンがないとあっという間に元通り下手になってしまう自分にあきれてしまう。
レッスンで「言われたらできるんだから、言われる前に自分で気づいて自分で考えて弾けないとダメでしょ」と毎回言われてたのだけど。
先生の厳しくも温かいお言葉と美しいお手本がないと、やっぱりうまく弾けないっっっ。
レッスン再開できるかな。
そして発表会でベートーヴェンを演奏できる日は来るのか??

●音楽・舞台鑑賞

7月11日 新国立劇場のオペラ「カルメン」を観に行った。
夏の演奏会のプログラムに「カルメン」から数曲入っていたこともあって、久しぶりのオペラ鑑賞。演奏はもちろん演出も面白くて大満足。ロック・スターのカルメンがカッコイイ☆
やっぱり舞台は生で観たいね!!

7月31日 友人のバレエ発表会
子供も大人もみんなイキイキと踊っていて素敵でした。

今年に入ってからは演奏会に行けてないなあ。もっと行きたいなあ。


さてさて、こんな感じでコロナ禍でもなんとか音楽を楽しんでいます。
今週末からのオケは来年1月の定期演奏会に向けての練習に切り替わるし、この状況でも活動を続けられていることに感謝して、できることを一生懸命やろうと思う。

プロフィール・つけたしの中の「アマオケ活動記録」「発表会の記録」にもコロナ禍での活動を付け足しておいた。
この状況から抜け出したときに、あの時は大変だったねえと笑い話にできると良いのだけど。
3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ