2004/10/20

それにしても速い  
土曜の夜はオケ練。

チェロの演奏会の後に行ったので40分くらい遅刻してしまった。

曲は「グレート」。T先生の指揮で。

私が行ったときは2楽章の途中を練習していた。
こうして遅刻して入っていくとなかなかモードの切り替えができない。
案の定、リズムを間違えたり臨時記号を落としたり。
この日もチェロは一人弾きだったので私の乱れがせっかく波に乗ってきた練習に水を差してしまったのではないかとちょっと不安だった。
そうなると尚更自分の音に自信もなくなるし。情けない・・・。
せっかく先生のすばらしいチェロの演奏を聴いてきた後なのに私はまともに音を出すことすらできない。

2楽章の後は1楽章をじっくり。
前に「グレート」の練習をしたときにも1楽章は時間をかけたはずなのに結構忘れててドキドキ。・・・チェロがつかまるたびに汗、汗、汗。

3,4楽章はざっと通しただけ。
3楽章を弾いているときに先生が何度もこちらを見るので何かと思ったら
「トリオのところ、音程をそろそろ確定してね。」
と言われてしまった。シャープを落としまくってたんです私。

いいところなしのまま4楽章に突入。
速い。速い。速い。絶対に前にやったときより速い。
全然速さについていけない。ところどころ弓が止まって呆然としているだけになってしまった。
以前やった速さでもついていけなかったのに本番はこの速さなのかなあ。

さすがに他のパートも乱れがち。
先生もあきらめたのか最後まで通さず、「今日はここまで」となった。

やればやるほど課題が増えていく。
もうこの曲降りたいよ・・・トホホ。

といいつつ、実は最近やっと「グレート」が好きになってきた。
CDを聴いたり練習していても長く感じなくなってきた。
前は途中でうんざりしていたのにね。
好きになってくると「ここは頑張りたいポイント」も増えてくる。実はチェロにおいしいメロディも多いのだこの曲は。
まだまだ頑張ってない状況だけど、これからもうちょっと頑張らないとね。




0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ