2004/10/20

第九・大苦  
日曜日は「第九」の練習。

区の「第九」演奏会、うちのオケが演奏するようになったのは去年からだ。
ちなみに以前は日フィル。予算の関係だよね、これって。

うちのオケは定演が1月にあるのでなかなか全員が「第九」に参加という訳にはいかない。
レギュラーの土曜の夜の練習は定演の練習にあてるので、「第九」の練習は土曜の午後や日曜に行う。回数も少ない。その条件で参加できる人ということになる。
去年は団員で参加できる人がそんなに多くなく、弦楽器だけでなく管楽器もかなりエキストラの人がいた。
弾けないくせに参加した私はいつもと違う練習の雰囲気にビビったものだ。

今年は団員の参加率も上がったので普段の練習とメンバーがあまり変わらない。
それどころかチェロパートに限って言えば、普段は一人弾きが当たり前の状況なのに、早い時期からエキストラの人に入ってもらえる「第九」の練習はかえってうれしいかも。

この日のチェロは、同じチェロの先生に習っているO本君、UAフィルのYさん(F夫妻の奥様)、本番は出られないけど「第九」を弾いてみたいということでやって来たUAフィルのYぴー、そして私の4人。

本番のトップは以前日記にも登場した産婦人科医のH君にやってもらうことになっている。
いないときは誰かが代わるしかない。私より上手い人ばかりで申し訳ないが、立場上(団員は私一人なので)私がトップ席に座る。もちろん役には立たないんだけど。

この日は今年初めての練習なので一応全楽章の譜読み。
とはいえ練習時間はたっぷりあるので、かなり返しながらの練習となった。

「第九」の練習をする時間を十分に取れなかったのでトップ席に座っているくせに落ちまくってしまった。
でも1年前はうまく指が回らなかったり弓がコントロールできなかったのに今回は弾けるようになっているところが何カ所かある・・・練習してないのに、びっくり!
やっぱり1年経つと少しは上達しているんだなあと、我ながらちょっと感心してしまった。
もちろん4楽章の速い所なんかは指番号が書いてあるのに完全お手上げだったけど。

4楽章といえば、冒頭の低弦のところ
ジャンジャーン・・・2音弾いただけですぐに指揮のT先生に止められてしまった。
他のパートの人たちはにやにや笑ってこちらを見てる・・・ひゃあ。
なんだか私たちの演奏は激しすぎたらしい。
T先生のイメージはもっと柔らかい音なんだそうな。
まだ1回目の練習だしメンバーも揃ってないんだけど、その割には何度もやり直しさせられた。
この部分はやはりこだわりがあるんだな。本番まであとどのくらいつかまるんだろう。
他のパートは休憩で低弦だけ居残り練習なんてことが去年もあったような・・・

とにかくもっともっと練習せねば。ふうっ。
0

2004/10/22  23:02

投稿者:はるみさん
shinovskyさん、こんにちは。
「第九」難しいです・・・
「第九」をやることが確定したら、練習のポイントや裏技など是非是非教えて下さい。
4楽章は今年も絶望的です(涙)。

2004/10/22  18:38

投稿者:shinovskyさん
第九、うらやましいですー。
私も一度はぜひやってみたい・・・と、必死にLOVEコールしてたら、
先日の宴会のときに酔っ払った勢いでどうやら引き受けたらしい(?)裏覚えなのでどうなることやら。。。4楽章とか聴いてても難しいけどがんばってくださいませ!

http://plaza.rakuten.co.jp/shinovsky/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ