2004/10/24

火事と地震とカルビ  
オケの練習に行く前、うちの近所で火事があった。

うちの窓からも炎が上がるのが見える。煙ももくもく上がってる。かなり勢いがある。
こりゃヤバイぞ・・・。
うちの近所は住宅密集地、燃え広がると大変。
広めの道路を一本挟んださらに奥の方なので、さすがにうちは心配はなさそうだけど。
うちの前の道路にも消防車がいっぱい停まっている。火事の現場は路地の奥。ホースをのばして消火に当たってるようだ。

しばらくして無事鎮火との放送が入った。良かった〜。
後でテレビのニュースで見たら、消防車29台が出動、5棟を焼く火事だったそうな。

うちはもちろん被害は全然なかった・・・いや、一つ。
次から次へとやって来る消防車のサイレンの音でおびえきった猫のきゅう太郎にあごをひっかかれちゃった。アイタタタ・・・

そんなこんなで練習場へ。
準備を終えて、曲をさらいながら開始をまってると、いきなりグラグラ。
かなり強い揺れ。地震だ。
練習場は結構古い建物なのでまあよく揺れること。

火事の後は地震ですか。
怖い怖い・・・

気を取り直して練習開始。
しかし、その後も何度もゆらゆら。しまいには乗り物酔いしているみたいな気分。
休憩のときにテレビを見ると新潟で大きな地震があったとのこと。こりゃ大変。
台風の後で地盤もゆるんでいるだろうし被害が心配。

この日の練習は副指揮のA先生の指導で「未完成」と「魔弾」。
この2曲の練習、前回は台風で大変だったのね、もしかして呪われてる・・・?!

この日の練習もチェロは一人弾き。
そうそうこの間まで見学で来ていたN川さんは仕事の都合でやはり入団は見合わせると連絡があった。これでしばらくは一人弾き決定。まったく・・・

一人だと変なところに力が入っちゃう。
A先生「そこなんて書いてある?」
私「dolce(ドルチェ)です。」
A先生「どういう意味?」
私「えーっと、優しく?やわらかく?」
A先生「甘くなんて意味もあるでしょ。甘いデザートもドルチェっていうよね。今の弾き方はどちらかというとデザートじゃなくカルビ大盛りって弾き方なのね。」
私「やっぱり食べ過ぎですかねえ。」(練習後の飲み会は毎週焼き肉屋さんなのだ・・・)

ま、こんな具合で。
でも甘い弾き方ってどんなだー?
細かい音符で速く弾くところも「べた弾き禁止」と言われた。こんな速く弾くところでべた弾きじゃない場合どうすればいいかがよくわかんない。
こんなときパートに上手い人がいればコツをすぐに教われるのになあ。
上手い人じゃなくてもいい、一緒に考えたり悩んでくれる人がいれば。

結局後でコンマスに聞いたり、コンバス弾きでもあるA先生に聞いたり。
孤独な戦い(?)は続くのだ。

切実にチェロ募集中です。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ