2005/4/18

苺屋  
土曜日はオケ練。カギ開けのため早めに行って練習。

私のすぐ後にファゴットのA君が入ってきた。近々友人の披露宴でファゴットの演奏をすることになったそうでその練習のため。実は使っている楽譜は私のものだ。結婚式とかクリスマス用の曲を集めたチェロの曲集を貸してあげたのだ。CDの伴奏も付いてる。チェロを習い始めた頃にこんな曲も演奏してみたいなと思って買ったんだけど、初心者にはちょっと難しい曲ばかりですぐに挫折してしまい込んだやつ。ファゴットでの演奏もいいなあ。CDの伴奏が付くとこんな感じになるのか・・・初めて知った。楽譜が返ってきたらちょっと試してみようかな。昔よりは弾けると思うし・・・。完全お蔵入りだった楽譜をこうして活用してもらえるのはうれしいことだ。その上、楽譜のお礼ということで苺屋のお菓子までもらってしまった。「そんな気を遣わないで良かったのに」と言いつつ思わず頬が緩む私。苺屋は地元で有名なケーキ屋さんなの。

さて練習は・・・。この日は副指揮のA先生。前の週にT先生の練習が1幕の途中までだったのでそれを受け継ぐ形で1幕の途中から2幕の途中まで。できれば2幕を終わらせたいと言っていたけどさすがに全部は進まなかった。

チェロは私の他にトラのSさんとK君の3人。今回トップをお願いしているSさんがボーイングを付けてくれたので前の週に譜面を借りてあった。で、ボーイングを写す作業に思ったより時間がかかってしまってまたしても練習不足の私。なにせ111ページもある譜面だし、ディビジも多いし、私が書き落としていた指示なんかも確認しなきゃいけなかったので・・・と言い訳してみたり。今ここで言い訳しても仕方ないけど。

そんな練習不足の私も含めてだけど、この日の練習は全体に単純ミスが多かった。音を読み間違えたりリズムを読み間違えたり。さすがにみんな曲に慣れてきた感じはあるけど、そのためかえってそういうミスが目立つようになったのかも。単純ミスで練習が度々止まる、しかも止められてからまた同じミスを繰り返すというのでは効率が悪い。もっと違うことに時間を割けるようになるといいとは思うけど意外とそれが難しい。私も実はミスしまくりだった。でも私の場合上手いトラさんの音のおかげで練習を止めずにすんでセーフってだけで。もし私が一人弾きだったら大ひんしゅくだったに違いない。コンマスの言うように一度ミスしたら譜面にしっかり書き込むなどして二度と同じミスをしないように心がけないとね。

私の場合、ミス以前、実はまだきちんと譜面が読めていないところも多いので偉そうなことを言ってられない。かなり焦って練習しなくては。でもそんな私も最初の頃のあの絶望的な気持ちからは脱出できた。あのころは曲も全然把握できなくて、それこそ霧の中を彷徨っているような気分だったから。最近ではさすがに曲も頭に入ってきたし、どんなシーンの曲かも分かってきたので弾いていて楽しい。指と弓はついて行かなくても心では弾いてるのよ。(それでは駄目なことはよく分かってます・・・)

そういえば以前まんだらけで買った里中満智子の漫画「蝶々夫人」が意外と好評。飲み会の席でこの間コンバスのH君に貸したのが返ってきたら今度はトランペットのTっちゃんが借りていった。みんないろんな形で曲にアプローチししているって訳。
私も前の週にH君にビデオを借りて見たし。浅利慶太演出で森英恵が衣装を手がけたミラノ・スカラ座の公演。黒子を使ったり最後に赤い扇を開いていくことで血を表現するところなんかは面白かった。でも蝶々夫人の顔がちょっと怖かったな。なんて音楽以外の感想ばかりね。今まで演奏は基本的にCDで聴いていたけど、改めて舞台でやっているのを見ると蝶々夫人が全幕歌いきるのって本当に大変そうだった。ずっと歌いっぱなしだものね。

そんなこんなを含めて楽しみが増えていく「蝶々夫人」。オケが全体の足を引っ張ることのないように精進せねば。って私が一番道のりが険しそうだ・・・頑張れ私。

あ、そういえば、A君からもらった苺屋の焼き菓子は飲み会の席で皆にもお裾分けして食べた。本当においしかった・・・幸せ。

0

2005/4/19  19:44

投稿者:はるみさん
亀オケちぇろりんずさん、苺屋はね、三河島駅のすぐそばにあるんです。三河島の改札を出て左に歩いて行った方です。(町屋から小竹橋通りを行った場合、三河島駅のちょっと手前右手ですね。)ちっちゃなケーキ屋さんですけどおいしいですよ。

生のピアノでのアンサンブルは気持ちいいですね。でも、発表会等人前でとなると緊張してしまいます・・・。

2005/4/18  21:09

投稿者:亀オケちぇろりんずさん
苺屋さんってどこですか〜??
羽二重団子なら知ってるけど。

チェロのパーティー用名曲集(CD付き)は私も持ってます。何かの時に便利ですよね。
でも、伴奏に合わせて弾くのって結構難しいんですよ。自分の好きなテンポにできないから。。。
やはり生ピアノに合わせてもらうのがいちばん!
お互いの呼吸を感じてのアンサンブルがいいですね。(先生の奥様はピアノうまかったし、安心して弾けますね。)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ