2006/11/20

アンサンブル☆  
日曜日、チェロの演奏会へ出かけた。場所は津田ホール。

同じパートのM川さんの先生が出演されるということでチケットが手に入ったの。
「井上頼豊 門下生による12人のチェロアンサンブル」

鈴木秀美さん、初めて生で聴いた〜。ひゃあ〜。
古川展生さん、かっこいい〜。ひょお〜。
なんであんな難しいことやってて合うのぉ〜。
もうっ、この音色、しびれるぅ〜。
いやあ、もう、本当にひたすら豪華な時間だった〜♪

だって顔ぶれはすごいし、こんな豪華なアンサンブルを聴ける機会なんてなかなかないでしょ。ってか、プロの演奏でチェロのアンサンブルを聴くの自体が初めてだったんだもの。もう、興奮しっぱなし。
それぞれに忙しい方ばかりだから合わせる時間もそんなになかったに違いないけど、ほんと素晴らしくていつまでも聴いていたかった。

どのプログラムも面白かったけど、中でもクレンゲルの「讃歌」は自分もちらっとだけ練習したことがあったので興味深く聴いた。・・・・もう、まるで別の曲だった。
う、美しすぎるっっ。
12本のチェロのための曲なんだけど、この日は出演者全員、14本のチェロで弾いていた。ピチカートが出てくるところでは鈴木秀美さんが弓を置いてひたすらピチカートを弾き続けていたから、単純にどこかのパートを2本にするんじゃなくて、多少アレンジして音を増やしたいパートに付け足していたみたい。
ああ、最高です。曲の途中で思わず涙ぐんじゃった。

だから「12人のチェロアンサンブル」ってタイトルなのに「14人」じゃないっていう突っ込みはナシで。(笑)

一緒に行ったチェロパートの仲間(用事のあったO熊さん以外パート全員で行った)でチェロアンサンブル熱、再び。時間を見つけていろいろ挑戦しようって話で盛り上がったよ。
やはり生の演奏はいいねえ。チェリストのハートに火をつけたわ。

    ☆ プログラム ☆

第1部
リチェルカーレ ドメニコ・ガブリエリ作曲
無伴奏組曲 バッハ作曲          
チェロとお話:鈴木秀美

無伴奏チェロソナタ カサド作曲  
チェロ:秋津智承

In The Cloud 井上鑑作曲   
チェロ:古川展生、山本裕康、小川剛一郎

ワルツ フィッツエンハーゲン作曲   
チェロ:竹花加奈子、中田有、渡辺文月、高橋麻理子

第2部
シャコンヌ バッハ作曲
讃歌 クレンゲル作曲
サルダーナ カタルニア民謡/カザルス編曲
Imagine ジョン・レノン作曲/井上鑑編曲
アンコール 鳥の歌

チェロ:苅田雅治、鈴木秀美、竹花加奈子、中田有、渡辺文月、高橋麻理子、古川展生、山本裕康、小川剛一郎、秋津智承、銅銀久弥、久武麻子、迫本章子、久良木夏海

ちなみに12月2日(土)に四日市市文化会館でも公演があります。
長谷川陽子さんも加わるし、古川展生さんのソロもあるし、さらに豪華かも。お近くの人(いるのか?)は足を運ばれてはいかがでしょうか。


演奏会後は一緒に行ったメンバーで飲み会。チェロパートのメンバーだけじゃなく、バイオリンのぬんぬんとコッティ、ビオラのみんみんも来ていたのでみんなで大盛り上がり。家が遠くて練習後の飲み会になかなか参加できないM川さんともゆっくりお話しできたし。
外は冷たい雨が降り続く。でも、私のハートはいつまでもホットな晩でした♪
0

2006/11/21  12:29

投稿者:はるみ
リリアンさん、ありがとう。本当に素敵でしたよ〜♪
私もチェロの演奏家って実はあまり知らないのですが、今回の出演者のプロフィールを見たら、ソロで活動している方がいたり、プロオケで活動している方はもちろんプロオケの首席奏者が何人もいたり、音大の講師をしている方がいたりと、本当に豪華でした。
演奏者の皆様もこのメンバーでやるアンサンブルを本当に楽しんでいる感じで、尚更素敵でした☆☆

2006/11/20  22:18

投稿者:リリアン
読みながらハートのドキドキが伝染^^しました♪
チェロの演奏家をほとんど知らずに恥ずかしいの
ですが(古川さんだけ.. .*カッコイイ〜)素晴らしい演
奏だったのでしょうネ〜♪「讃歌」で涙...あぁいい
です〜*^0^*

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ