2004/5/26

おはぎ  
今日はレッスン。でも体調はいまいち。

昨日ワインを飲み過ぎたせいかどうにも冴えない一日だった。
スケールを弾いたとたん先生にもばれてしまった。
「昨日デートか何かあったの?」「はあ、飲み過ぎまして」
弓の使い方、発音の仕方がダメダメでした。

次の教則本(ウエルナーの2ポジ)の曲では4番指(小指)のビブラートを注意される。
その曲はフレーズごとの山が4番指のことが多い。その肝心の音にビブラートが美しくかかってないと。しかもその音が鳴っている間中ビブラートをかけなければいけないのに音の最初にかけただけでやめてしまうと指摘された。4番指のビブラートって難しい。

続いてヴィヴァルディの協奏曲。先週までで音取りがだいたいできたので、今週は1段ずつゆっくり弾いてポイントを教えてもらう。
今日特に注意されたのは手と指の形。速い曲を弾くためには特に5ポジ以上の高い音を弾くときの左の手や指の形を注意しなければいけないと言われた。
また全体にしっかり指先を使って押さえていないので「おはぎ3つを口にほおばったような音」になっているらしい。(先生のたとえにはおはぎがよく登場する。好物なのだろうか・・・)
それと弓の吸い付き。切れの良い音を目指そうとして逆に弓がはねてしまっているようだ。
結局4段ほど進んだだけで時間切れ。でも4段だけでも注意点はいっぱいだ。頑張らないとなー。

0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ