2007/7/31

4スタンス理論  
ちょっと前にテレビで見た「4スタンス理論」ってのが気になってる。

ウッチャンナンチャンの南原が司会している「ナンだ!?」ってスポーツ系バラエティ番組で取り上げていたの。

「4スタンス理論」ってのは
「人間のスタンス(立ち方)は大きく4つのタイプに分けられ、それぞれ重心位置が異なる。そのタイプによって、パフォーマンスを最大にするカラダの動かし方も変わる。まず自分のタイプを知ることが、正しいカラダの使い方につながることになるのだ!」
ってことらしいんだわ。

ちなみに4つの型とは
重心がつま先内側 イチロー型
重心がつま先外側 王貞治型
重心がかかと内側 長嶋茂雄型
重心がかかと外側 松井秀喜型

それぞれの型で体の動かし方の特長やトレーニングの仕方が異なる。その型にふさわしい体の動かし方やトレーニングをしないと力が発揮できないそうだ。あるコーチが指導しても伸びる人と伸びない人が出るのはそんな理由なんだってさ。そのコーチのやり方はあくまで自分に合った、つまり自分の重心に合ったトレーニング方法だから他の型の人には必ずしも有効じゃないって訳。

番組では実際にこの理論を実践して効果を上げている各方面の選手を紹介してた。また、双子のザ・たっちの片方にだけこの理論を使って走り方を指導したら、2人の走り方に明らかに差が出て、指導された方は1秒くらいタイムが縮まってた。しかも確か30分くらいの指導だったと思う。
いや、でも別に私はスポーツは苦手なんで今更速く走りたい訳じゃない。じゃあ、なぜこの理論が気になるのか。

実はこの理論はスポーツにだけ当てはまるのではないという例としてあるチェリストさんが出演されていたのです。この理論で弾き方を直したら、音が良くなり体の故障もなくなったと言ってたの。

実際、チェロを弾く時のフォームっていろいろだよね。今の弾き方は私に合ってるのかな?なんて思うこともある訳じゃない。体の大きさや指の長さは人それぞれだしなんて思ってたけど、体の重心の違いに目を付けたってのが興味深い。
この理論に出会って変わったというアスリートやチェリストの皆様の証言を聞くとちょっと試したくなっちゃったのよねえ。

番組では「4スタンス理論」が載っている本を紹介してたけど、そのタイトルが
「キミは、松井か、イチローか。」
え〜っと、だからうまくなりたいのは野球じゃなくてチェロなんですが・・・。
と思いつつもヒントくらい書いてあるかなと思って書店で探してみたら、たまたまその本屋には置いてなかった。ネットで注文してまで買う気はないし。ああ、でも、気になる。
どなたか、チェロだけじゃなくて野球もうまくなってみたい方、是非本を購入して読んでみて。チェロにも応用できそうなところがあったらそっと教えて下さい。(他力本願)

ところで自分がどの型か簡単に診断する方法は番組のホームページに載っています。
2人で行う簡単な診断体操で分かるのだけど、たまたま番組を見ていたときは相手がいなくてできなかった。
次の日に思い出してやってみたんだけど、頼んだ相手も自分も酔っ払っていたので、体操をしてもふらつくばかりで結局分からないまま。
さて、まずは自分の型を知るところからだな。
0

2007/8/3  15:20

投稿者:はるみ
イチローちゃん、気になるでしょ。
何か今日はいいかもって思ってもたまたまだったりして、もう二度と同じように弾けないし。もっと理論的に誰かに説明してもらいたいよね。
ところでイチローちゃんはやっぱりイチロー型なのかしら?

2007/7/31  17:27

投稿者:イチロー
自分に合った型、非常に興味ありますねぇ。
以前読んだ本でとあるバイク乗りが言っていた言葉で「俺のベストフォームはベストタイムを叩き出した時のフォームだ」てのがあります。楽器に置き換えれば「一番いい奏法は一番いい音が出た時の奏法」ってところですか。
早くその奏法に出逢いたいものです。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ