2008/9/20

いろいろ  
またまた更新をサボってました。最近の出来事いろいろ。

先々週の土曜日はオケ。
副指揮A先生の指揮でブラ4の練習。
練習後の飲み会はプチ女の子会で盛り上がる。

先週の水曜日はレッスン。
シューマンの「幻想小曲集」第3曲をなんとか暗譜していく。でも似たようなフレーズが繰り返されるので途中で迷子になっちゃうんだよね。
高い音の音程と音質が良くないので練習してくるように言われる。

先週の土曜日はオケ。
午後からプロオケの先生をお呼びしてのパート練習。オケの曲を見ていただく前に基礎編。毎日のウォーミングアップ時の練習法やオケで弾く際に注意することなどを教えていただいた。オケの低音パートは絵の額縁を作る役割だそうな。
1時から5時までみっちりパート練習した後は、夜の合奏練習、飲み会にも参加していただきいろんなお話を聞けた。ラッキー☆

日曜日は元教え子の披露宴。
披露宴にはたくさん出席しているけど、結婚式場やホテルじゃないレストラン・ウェディングは初めて。雰囲気も良いし、料理もおいしくてGood。
新郎がフランス人だったので、スピーチがフランス語、英語、日本語と国際的。日本語にしか反応できない自分が悲しかったけど。
乾杯の音頭はフランスの方が日本語で。日本語はある程度できるようだけど、「僭越ながら」なんて言葉が出てきたときはびっくり。意味は分かっていたのかしら??

水曜日はレッスン。
この日はシューマンの「幻想小曲集」の第1曲の方を中心に見ていただいた。最近第1曲は先生の前では1回通して弾く程度だったのでだんだん雑になってたし。第1曲もまだまだ課題が多い。
第3曲の方は繰返しを全部抜かすことにした。迷子の心配が少し減ったけどまだまだ不安。ついまたいつもの調子で「先生1曲目だけじゃだめですか?」なんて聞いちゃって怒られた。弱気が抜けない私。

水曜日のレッスン後は演奏会の受付お手伝い。
といっても受付は開場から開演までで演奏は全部聴くことができた。この日は「花」がテーマの演奏会。初めて聴く曲も多くて楽しみだったんだけど、ハリポタ寝不足が続いてるせいで前半はついうとうと。後半のオペラの曲は大好きだし、知り合いのソリストさんが多かったので楽しめたよ。

チェンバーミュージックハウスオーケストラ
第8回演奏会《音楽花舞台》

・マーラー:交響的断章《花の章》
・J.シュトラウス:ワルツ《シトロンの花咲くところ》
・フランセ:花時計
 (オーボエ独奏:渡辺康之)

・ドリーブ:オペラ《ラクメ》より
 「おいで、マリカ(ジャスミンとバラの2重唱)」
 (ラクメ:高津桂良、マリカ:木村槙希)
・ビゼー:オペラ《カルメン》より「花の歌」
 (ドン・ホセ:内田吉則)
・プッチーニ:オペラ《蝶々夫人》より
 「桜の枝をゆすぶって(花の2重唱)」
 (蝶々夫人:高津桂良、スズキ:木村槙希)
・ヴェルディ:オペラ《ラ・トラヴィアータ(椿姫)》より
 「ああ、そはかの人か〜花から花へ」
 (ヴィオレッタ:生野美幸、アルフレード:内田吉則)
・R.シュトラウス:楽劇《ばらの騎士》組曲

・チャイコフスキー:バレエ音楽《くるみ割り人形》〜花のワルツ(アンコール)

指揮:新井 義輝
管弦楽:チェンバーミュージックハウスオーケストラ

練馬文化センター小ホール
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ