2013/10/7

不思議だなぁ  音楽

今日はこの前でた休日出勤の代休でやすみ。
充実した1日を過ごせました。
職場の皆様、休ませてくれてありがとうございます。




しつこいけど
STONE TEMPLE PILOTS 雑感の続きです。



どのアルバムも繰り返し聞きまして
全アルバムとも90点以上と思います。
初期の頃は暗め激しめの妖しさプンプンの曲調が目立ち、
うーロックだぁなんてしびれますが
一番最近でてる「STONE TEMPLE PILOTS」なんて
曲がほのかに明るく、和らかで肌触り(耳触りか)がいい。
聴いていると、ほのぼのとした幸福感に包まれるほど。
のジャケットのイメージどおり。


この人たち仲たがい というか
ずっとVOCALのSCOTT WEILANDに振り回されて、
ほかのメンバーはイライラしたり心配続きの日々で
バンド内もめてたはず。
それなのに、なぜどのアルバムもまとまっていて、
素晴らしい出来なんだろう。
不思議。
不協和音とかがきこえてこない。
たいがい、もめごと→ダメダメなアルバム
となってしまうのに。


アーティストって幸福で順調だと、いいもの作れないのかな。
悲しみ、怒りとか焦燥とか欠乏とか、苦しい状況になって
エネルギーが充てんされるのかしら。
きっとストテンについては
メンバーが頑張って、
曲を作るSCOTTを支えてきたんだろうとは思うけれど。




このままSCOTTが抜けたままで、終わっちゃうのかなぁ。
ほんとに惜しいなぁ。


クリックすると元のサイズで表示します
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ