2016/2/25

Starman ★  音楽

1月に亡くなってしまった David Bowie



中学生のころから大好きでした。
Ziggy Stardust、Space OddityやStarman、All the Young The Ducks、
Rock'n'Roll Suicide、Suffragette City
Stay、Life On Mars?、Panic In Detroit、Ashes to Ashes
etc・・
特に初期の頃,バリバリ,グラムロックやってる頃の曲が
いかにもBowieらしい。
幻想的で毒気があって、色っぽくも可愛らしくもあり
どこか懐かしく、儚げ。
美しい、ほんとに素晴らしい楽曲ばかり。




何十回、何百回と繰り返し聴きました。
今、昔の曲聴いてもちいとも古臭くない。
(亡くなってからずっと聴いてる)
渋い声、しゃれた展開のメロディを聞き
ほんとにワクワクした。
Bowie構築の世界観に浸り、
空を飛んでるような高揚感を感じ、
幸せになり、何かと元気づけられました。



ロックスターといったら後にも先にも Bowie
10年くらい前から心臓病で引っ込んでしまっていたから
1月に新譜出すなんて、病気が少し良くなったのかな
もしかして来日も?
と喜んでいた矢先のまさかの訃報でした。
残念でたまりません。

音楽センスが天才的にかっこよくて、浮ついてなくて
時代の先駆者で、時代を引っ張ってきた真のスターでした。
亡くなってから、
音楽だけでなく
様々な場面でBowieが残した功績がメディアで報じられています。
私が知らなかったことも多く
改めて偉大なアーティストであったと思わざるを得ません。

Freddie MercuryとBowie。学生の頃夢中で聞いてた人たちが
2人とも亡くなってしまい寂しい限りです。



昔「地球に落ちてきた男」見て
Ziggy Stardustとはまた違った
異星人と見まごうばかりの美しさでした。
だから今、亡くなったのではなくて
地球での生活は幕引きで、と、
生まれた星に帰ったようにも思えます。




これまで私の音楽シーンを多彩な色で満たしてくれた
世界中の人を魅了し続けてくれた
David Bowie ★






多大なる感謝をこめて

心から冥福をお祈りします。














0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ