2016/7/29

真夏は花もたいへん  

梅雨も明け
30度越えでギラギラした太陽が降り注ぐ毎日が戻ってきました。


我が家の前の細い道を挟んで東南に建っていた2階建ての古いアパートが
春に取り壊されました。
取り壊し直後は、道行く人が、
あったはずのアパートが急に無くなり、ぽっかりできた空き地に
驚いている様子が手に取るようにわかりました。
その道からは我が家は丸見え、恥ずかしい〜とか思ってましたが
丸見えにはもう慣れました。
道行く人もあたりの様子に慣れた模様(笑)
そして夏が来て、まぁ日が当たることあたること。
晴れの日は朝から、夕方5時過ぎまで鉢植えの花を置いている庭に
ガンガン日があたるようになりました。

炎天が続き、加えてエアコンの室外機から出る熱風もあり
鉢植えの(夏に強いはずの)日々草なんかも朝晩水をあげても
夕方にはかさかさに乾きヘロヘロ。
葉も死にそう、息も絶え絶えな感じになってました。

先週あたり梅雨が最後に頑張っていた時、と気がついて、
午後には日陰になる場所に花の鉢植えを異動しました。
おかげで元気がちょっと回復したような。
異動してからは土がからからになっていても
葉も花もクタンとしなくて、なんとか元気そう。
よかったです。





灼熱の日当たり良すぎるとこには
ユッカとアイビー、葉だけになったカンパニュラを配置。
こちらはほんとに強いようで、大丈夫そう。

これなら冬は今までより少し暖かかな。
なんて、冬が来る前にマンションでも建っちゃったら、
アウト。
せめてひと冬、このままだったらいいんだけどなぁ。







⇓正午頃から日陰になる平和な和室前のスペース
 花のついてる鉢はこちらに集合
クリックすると元のサイズで表示します






0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ