2007/12/24

主婦でスミマセン  本・マンガ

 今日は暖かで洗濯物もよく乾いていい日でした。「主婦でスミマセン」とは最近読んで大笑いしたエッセイです。主婦である著者の日常生活や感じることが書かれていて、そこまで極端ではないけどね、というところもあったけど共感できる部分がいっぱい。著者は青木るえかさんという方です。全く知らなかったけど、タイトルにひかれて購入。一気に読み終えました。掃除が嫌い(というよりも著者は清掃行為の必要性を感じていない。ほこりがたまっていくさまがかなり美化されて表現されてる)、冷蔵庫の中で食品がいたんでいても、見なかった事にして更に十分腐らせてからでないと捨てないとか、缶詰が古くなりすぎて爆発してふたがぶっ飛んだ話とか、あと親族のお葬式にまつわる話とか、そうそうってうなずきながら読みました。娘も読みましたけど、すごいね・・と笑ってましたよ。著者はほぼ私と同世代。やっぱりねー。これくらいの年齢になると、人というものは、人生楽しまなくちゃ損。ていう思考になってきていて、おおらかというか大雑把というか何にも気にしないというか些細なことに拘るのは馬鹿らしいと考える体質に自然に変化しているのではないかしら(え、もしかして私だけ?)。クヨクヨしてても、笑っていても、時間は同じように流れていくんですもんね。元気にすごさなくっちゃねー。私も昔はもうちょっと、控えめで、物も言えなくて、おとなしかった(ほんとかよ)ような気がする。今はただの遠慮のないおばさんですよ。昔より良くも悪くも図太くてね、困りますぅ(と周りの人によく言われます)いつからこんなになっちゃったんだか わからなーい
皆さん、こんな私にいつもあたたかく接してくれてありがとうでもあんまりひどかったら、怖がらずに注意してください!あは

いつもこのブログを読んでくださっている方に
よいクリスマスが訪れますように祈ります
☆★☆Merry Christmas☆★☆

国立西洋美術館 「カレーの市民」
クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/12/25  20:06

投稿者:chacha_osanpo

バーディさんへ

そうなの・・
繊細とか優しいとかたおやかとかいう言葉と
全く無縁のおばさんてやーね
って思っていたのにね・・

でもさ、歳を重ねて
自然に生きられて
毎日誰にも気兼ねすることもなく
笑ってられるって幸せだよね。
(気を遣う周りは不幸せかもしれないが)
若い頃はかっこつけるのが仕事だから?
けっこうきついよね。
いまはらくちーん。

お互い、がんばろうね!

2007/12/25  0:23

投稿者:バーディ

楽しく過ごすのが一番!!
わたしも
『遠慮を知らないおばさん』
(意外とバーディも…)
『おおらかというか大雑把』
キャラで通ってます!!
年々磨きがかかり止りませ〜ん。

chacha_osanpoさん チャチャちゃん
メリークリスマス!!

http://badi-chan.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ