2007/12/25

ショッピングの女王  本・マンガ

 昨日に引き続き、また読書ネタです。「主婦でスミマセン」の解説がこれがまたとっても面白かったんですよ(解説でさらに楽しいって本はお得感が高まりますね)。書いてる人は中村うさぎさん。実は大きな声では言えませんが、私はかねてからのうさぎファンです。彼女の書く本は殆どが自虐ネタで、、あまり世の中では受け入れられないような、常識的と自分では思っている人たちからは「ひんしゅく」って類のことが書いてある本が大半です(多分男性うけはしないと思われる種類の本ですね)。週刊ポスト?に連載でエッセイ書いてる時だったかな「ショッピングの女王」を読んだ時、ここまであけすけに書けるのがすごいと思ったことと、その描写力が秀逸で、冷静に物事を分析できるとても頭のいい人だと感じました。私は借金は嫌いだし、ブランド物にそう興味のあるほうではないから、うさぎさんの行動にはびっくりし(多少の誇張はあるんでしょうがね)、信じられんとあきれはしましたが、その潔さと垣間見える謙虚さに感動しました。ご存知の方も多いとは思いますが、その後は整形してみたり、ホストに入れあげて散財したり、本を読んでは共感しながらも、えーっとかも思いつつこれでもかこれでもかと笑わせてもらってます。
 曽野綾子さんの文章を読んで背筋がびっと伸び、うさぎさんや群ようこさんの本読んでえへえへ笑ってます。同世代の女流作家のみなさんの本に元気と励ましもらってます。(宮部みゆきさんが同じ歳と知った時は同じ歳月生きてきてこの違いはいったい・・とかも思いましたが、並べて考えること事態が不遜か)これからもワクワク楽しませてくれるエンターテイメントを期待したいです。私も頑張んなきゃなー。疲れちゃって、長編が読めなくなっているのがねー、今の私の課題。レベル低っ

今日は仕事が休みの夫にシャンプー&カットに連れていってもらいました。
リボンがかわいいね。チャチャもクリスマスね。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ