2009/8/22

「楽園」  本・マンガ

 東京は今日もいいお天気です。そういえば最近雨が降りません。洗濯ものがよく乾いてとても助かる。
 図書館で久しぶりに借りた本のうちの1冊、宮部みゆきさんの「楽園」が面白〜い。
宮部さんの著書はあらかた読んでいますが、とても好き。書き手の表現の仕方が上手だから、文章が平易でわかりやすく、読んでいて情景が想像しやすいんです(勝手にイメージふくらましてんですけどね)。彼女の書く文章がすんなり心に落ちるのは、同じ年の女性が書いているっていう意識が私の中で働いているからなのかな。浅見光彦シリーズもだいぶ以前すきだったけれど、今は(「楽園」だけでなくね)、そうきたか〜なんて感心しちゃうストーリー展開とか最後まで息もつかせず読ませる宮部さんのあの力技のような、物語にグイグイひっぱられる感じがほんとに好き。続きを早く読みたいなんて、四六時中思っている気持ちなんて久しぶり。そういう本に出会うとすごく嬉しいです。ワクワクする。はやいとこ下巻を借りにいかなくちゃ。

もう目がえらく悪くなっちゃって(老眼が進んでる)、まだ裸眼なんで、夜、本読むのも疲れるんだけど、でもやっぱり、本はいいね。

今朝撮影の庭の花たち。暑さに負けずきれいに咲いてくれて、
嬉しいよぉ ありがとう
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
↑と↓は違う花なんですよ わかりますか?
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ