2009/10/7

人生 気のせい 人のせい  本・マンガ

 ちょっとご無沙汰しておりました。chacha_osanpoです。
台風きてますね〜。なんか久しぶりな気がします。明日関東地方も縦断とか。あんまり雨風が強くないといいですね。そして被害が出ないことを祈ります。

 さて、9月下旬から、私の人生史上、最大級の精神的打撃を受けてまして、なかなかお気楽な気持ちにもなれず、どんよりする日が続き、ブログ更新という元気も失せてました。心が元気でないと、文章を書くという作業には気持ちがむかないんだと、よくわかりましたよ(て、ことは今までどんだけ何も考えてなかったんでしょう)。
 仕事では、文章作ることが多いんですが、そこは仕事ですから、特に気持ちを投入しなくても、事実を書き連ねていけばすむことが多いので、おかげさまであまり支障もなかったけど。

 そんな洞窟で迷子になったような、真っ暗な私が、偶然図書館で借りて読んだ本が、「人生 気のせい 人のせい」という 土屋賢二氏&三浦勇夫氏(哲学者&精神科医)の対談集。

 全編これ、お互いのののしり合い(字面だけでは)という、ほんとに笑っちゃうような対談集です。茶化したり、相手の揚げ足とったり、ぜんぜん相手の話を聞いてない自己完結な会話の応酬で終始しているんですが、そのやりとりの中に深遠な人生の哲理であるとか、心のもちようとかが、ちりばめられています。

 読んでいてラクになりました。
グダグダ考えててもしょうがない。今自分でできることをしていこう。
という気持ちに少〜しなってきました。

良書です。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ