自転車のある風景2

引き続きよろしくお願いいたします。

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

KUCC OB会BBS

こちらです。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ofはやま
syokoraくん
その方法、やってる方をネットで見ました。
なかなかええ方法ですが、ロー盛りの下手なぼくには無理かも。
今回のはアルミだったのでカンタンに削れましたがスチールはなかなか手強いかもしれませんね。
ま、上手くいったらぼくもマネします。
投稿者:syokora
フィキシングボルトは真ん中のへこんだところを銀ロウを盛って成型すればどうでしょう。
旋盤がなくてもドリルに咥えて回転させながらヤスリやペーパーで削ればできると思いますよ。
って、今度syokora工房でやってみます。アゲナイヨ!!
投稿者:ofはやま
>泥沼さま
 ありがとうございます。
 この頃のフレームが、ぼく的にはやっぱ一番美しいですね。
 ま、東叡社に頼めば今でもこんなフレームは作れますが・・・。
 クランクのキャップレス、かっこいいボルト使えばキャップありよりかっこいいかも、です。
 しかし、機能的にクランクのネジ山の保護を考えると、やっぱキャップしたほうがいいような気がします。

>masagoonさん
 クランクに装着した状態でナメたんでどーしょーもありませんでした。
 しかし
 ヤスリで手削りで1番手広げてもまたナメそうな気がします。
投稿者:まさご
クランクキャップなめたんやったら
一回り大きい6角穴に
ヤスリで整形したらいいと思うのですが

http://masagoon.exblog.jp/
投稿者:泥沼沈太郎
ケルビムのフロントホークの曲がり具合と言い、TAのチェーンリングの光り具合と言い良いですね。
クランクのフィキシングボルトが見えるのもルネルセ風で良いではないですか!。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ