edcf 269

〜ただ静かに暮らしたい〜

 

カレンダー

2021
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

MotoGP サンマリノGPを見ています


今年でMotoGPを引退する
バレンティーノ・ロッシ選手の地元、
ミサノ サーキットは蛍光イエロー 1色!!

ランキング2位のバニャイヤが優勝、
ランキング1位のクアルタラロが2位。

ワールドチャンピオン争いは面白くなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

なんてこったい!


チャンピオン争いをしている
フェルスタッペンとハミルトンが、接触ーっ!

セナ vs プロストを思い出してしまう・・・

ピットインで11秒もかかってしまい、
マクラーレンの後方で復帰したフェルスタッペン。

一方、ペースが上がらず、後方にいたハミルトンがピットイン。

ハミルトンがピットアウトすると、ちょうどフェルスタッペンの所に入る。

1コーナーのシケイン。

お互い意地と意地のぶつかり合いで譲らず、
そのまま接触ーーっ!!

フェルスタッペンのマシンは宙を舞って、
ハミルトンのマシンに乗り上げる形に。


こんなにピッタリ、
2人がピットアウトで出会うタイミングって、ある??

「事実は小説より奇なり」とは こういうこと!


これ、遺恨を残して、後世に語り継がれるインシデントになるかも。

なんてこったい!


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

F1イタリアGP 決勝を見ています


「モンツァの森には魔物が住んでいる」

ワシが中学生の頃に、テレビ中継でよく聞いた話。

マクラーレン・メルセデスがワンツーフィニッシュ!

ランド・ノリス(21歳)は2強に迫る才能を見せていて、
今年、大注目の選手です!


で、問題のシーンは・・・

クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

MotoGP アラゴンGP(スペイン)

生中継を見ています。

ドゥカティ・ワークスのバニャイヤ(24歳)が
ポール・トゥ・ウィンで初優勝!

いやー、マルケス(ホンダ)とのバトルはスゴかったーっ!!

ブレーキングでパスするマルケス、直線番長のバニャイヤ。

抜きつ抜かれつのバトル!

チェッカーフラッグ後に、
バニャイヤとマルケスがお互いの健闘を讃え合って、
グータッチしてサムアップしたのが、感動的でした・・・(涙)


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

F1オランダGP

生中継を見てるんだけど、
オレンジの発煙筒がスゴすぎて、
コーナーポスト間のフラッグが見えない・・・

霧とかでコーナーポスト間が見えないときは、
本来、赤旗中断なんだけどね・・・


クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

ザントフールト予選

36年ぶり?のF1オランダGP。

ザントフールト・サーキットは、
DTMのレースで見たことはあるけど、
さすがにF1は初めて。

F1は、ニキ・ラウダ vs アラン・プロストの頃かぁー。

F1開催のために大改修されたと思ったら、
COVID-19の影響で2020年はキャンセルされ、
ようやく2021年 開催されたオランダGP。

インディーカー並みのハイバンクの最終コーナーは圧巻!



クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

3時間くらい 待たされています

F1ベルギーGP、大雨のため、
まだスタートできず、ディレイのまま。

角田選手もインタビューを受けていて、気温13℃、寒そう・・・


クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

F1 第12戦 ベルギー (スパ・フランコルシャン)


スパ・ウェザーで連日、雨に襲われているベルギーグランプリ。

数ヶ月前は、歴史的な洪水で、何百人の被害者がありましたが。

土曜の予選は、オールージュ〜ラディオンで、
マクラーレンのノリスが大クラッシュ!!

クラッシュ直前には、セバスチャン・ベッテルが無線で
「視界が無い。赤旗にすべきだよ!」と訴えていた直後の大クラッシュ。

ベッテルは、すぐにノリスのマシン脇に寄せて、
ノリスの安否を確認する行動に。
スポーツマンシップに溢れた素晴らしい行動でした!

川井ちゃんも言ってたけど、1991年 第11戦は、
高速コーナー、ブランシモンでクラッシュしたエリック・コマスを
セナがマシンを止めて救出し行く行動を思い出しました。

ベッテルは若い頃はやんちゃだったけど(セナも若い頃はね)、
アイルトン・セナを彷彿させるセバスチャン・ベッテルでした。

ベッテルも雨に強くて、雨のイタリアGPで、
トロロッソで初優勝したのを思い出します。

セナも、デビューイヤーの1984年、雨のモナコGPで、
トールマンの非力のマシンで、プロストに迫る2位に入った記録が。


生中継を見てるから、まだレース中なのよね。
レース結果はまた次回。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

つづき

レースは、日産GT-Rがワン・ツー・スリーで表彰台を独占。

モチュール・オーテック23号車が三年連続(?)の鈴鹿 優勝!

鈴鹿は中高速のテクニカルサーキットだから、
マシンバランスが優れていないと、速く走れないし、
ポテンシャルが高いんでしょうね。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ

今年 4戦目だけど第3戦 鈴鹿300km

一週間遅れで、生中継を見た。

開催時期が5月から8月へ変更になった鈴鹿300km。

ポールポジションのModulo NSXがシケインを直進し、
減速できないまま、スポンジバリアに突き刺さって、
バリアが炎上。

マシンはバリアに突き刺さったままで、ドアが開かず、
ドライバーが脱出できないという事態に!

すぐにオフィシャルが駆けつけて、燃えるバリアを引き剥がし、
ドアを開けてドライバーを救出し、難を逃れた。

いやー、マジで危なかった。

減速できないまま突っ込んだから、ただでさえ心配だったのに、
炎に包まれるとは・・・


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
投稿者:えだまめ
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/699 
 
AutoPage最新お知らせ