話す監視カメラ  社会

以前の記事でイギリスはCCTV(街頭監視カメラ)が進んでいることについてふれた。
交差点や商店街、駅構内など国内計420万台が設置され、24時間管理・モニターされ、犯罪捜査などに使われている。

さて、そのCCTVだが、新型タイプはスピーカーが付随していて、ゴミのポイ捨てや飲酒禁止区域での飲酒などの違法行為を見つけると、地区の管理センターなどから係員がただちに警告することができるらしい。
イングランド北東部、Middlesbroughでは今年初めから12カ所でこの方式を実験的に導入したところ、車上狙いや、ゴミの不法投棄などの「反社会的行為」は前年と比べ70%も減ったとか
リード内相は新型カメラの設置を奨励し、20地区が補助金をもらってこのタイプのカメラの設置をすすめるという。
子どもの声をスピーカーから流して「警告」のイヤな雰囲気を緩和する方式を検討する地区もあるらしい。
イギリスの人は世論調査では回答者の88%が設置に肯定的ということだ。

ゴミのポイ捨てや若者をはじめとする飲酒や騒音等についてのマナーの悪さには少し驚いて私も記事にしたが、このカメラについてはどうだろうか。。。
「悪いことをしたら徹底的に対処」という考え方は学校はもちろん、イギリス社会全体に浸透しているような気がする。。。
地域社会で声をかけることがなくなった分、日本でもこのシステムは導入されるのだろうか。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ