産科がなくなる  社会

次々と病院から産科がなくなっている。
なんと悲しいことに、私が出産した総合病院からも産科がなくなるのだとか。
昨年病棟が大変綺麗にリニューアルされたばかりだというのに・・・。

1989年3月WHO・ユニセフは、「母乳育児の保護・促進、そして支援するために、産科施設は特別な役割を持っている」という共同声明を発表した。
世界のすべての国のすべての産科施設に対して「母乳育児成功のための10カ条」を守ることを呼びかけ、母乳育児成功のための基準が設けられている。
私が出産した病院はまだ認定はされていないと思うが、次の条件にかなり当てはまっていると思う。

◆「母乳育児成功のための10カ条」
(WHO・ユニセフ勧告より)
1.母乳育児の方針を全ての医療に関わっている人に、常に知らせること
2.全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること
3.全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法を良く知らせること
4.母親が分娩後、30分以内に母乳を飲ませられるように援助すること
5.母親に授乳の指導を十分にし、もし、赤ちゃんから離れることがあっても母乳の分泌を維持する方法を教えてあげること
6.医学的な必要がないのに母乳以外のもの、水分、糖水、人工乳を与えないこと
7.母子同室にすること。赤ちゃんと母親が一日中24時間、一緒にいられるようにすること
8.赤ちゃんが欲しがるときに、欲しがるままの授乳を進めること
9.母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと
10.母乳育児のための支援グループを作って援助し、退院する母親に、このようなグループを紹介すること


助産師さんはハードな勤務にも関わらず、昼夜を問わず根気強く母乳育児の指導をしてくれるし、できるだけ母体にも赤ちゃんにもリスクの少ない出産をサポートしてくれる大変良い病院だったのに・・・

この度の決定は、3人いる医師のうち2人が転勤することが理由のようだ。
新しく優秀な医師が来てくれることを願うが、このご時世では難しそうだ。
せめて院内に助産院が作られることを祈ろう・・・・

画像は私が出産したときの祝い膳。
洋食を選んだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ