フクシア  風物

日本はかなり寒くなってきた。(まだ甘い?)
ああイギリスの夏が恋しい。
イギリスの夏は綺麗な青空と色とりどりの花が印象的で美しかった。
大好きだったのはFuchsia(フクシア)の花。
街の至るところにハンギングバスケットがかかっていて、道行く人の目を楽しませていた。
日本ではなかなかこのような立派なフクシアを街でたくさん見ることはないので帰国したらフクシアを育てたいと思っていた。

フクシアはアカバナ科の低木で、その優美な姿から「女王様の耳飾り」とも称されているらしい。
日本のような高温多湿の環境では栽培は難しいとか。。。

画像はDartmouthで撮影したもの。
いつか近い将来フクシアを育ててみたい。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2007/12/11  14:30

投稿者:通りすがり

不躾な書き込みにもかかわらず、ご応答いただきありがとうございます。正しい品種名をお伝えできればよいのですが、最初の書き込みでも申し上げたとおりそれはできないのですよ。たとえば、イギリスの専門ナーサリーでは、一度名前がわからなくなった品種は、廃棄すると聞き及んでいます(よほど特徴のある品種はこれに当たらないかもしれませんが)。品種の特定はそれほど困難です。

「ネットで調べられますので」というフレーズは、「少なくともラ・フランスでないことは、ネットで写真を調べればわかる」という意味で書かせていただきました。最初にご確認されたにもかかわらず、この品種を「ラ・フランス」にされたのはどうも腑に落ちません。あるいは、ご参考にされたサイトがそもそも品種の表示を間違っていたのかもしれません。

フクシアがお好きのご様子。日本では育てにくい植物ですが、お住まいの環境に合った品種が見つかって、楽しまれることができますよう祈っています。

2007/12/4  10:17

投稿者:wanko

教えていただきありがとうございました。ネットで見た感じでラ・フランスだと思いましたので記事を書きましたが、修正いたしました。フクシアに明るい方のようですのでもしこちらの品種がおわかりになりましたらぜひ教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします☆

2007/12/4  0:26

投稿者:通りすがり

La France はダブルの品種なんですよ。貼っておられる写真はシングルですね … 品種名はわかりませんが、La France ではないです。ネットで調べられますのでご確認ください。



※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ