労働時間  社会

イギリスに来て驚いたことのひとつは、お店の閉店時間がとても早いということだ。
法律により決まっていて、特に日曜日は6時間しか営業してはいけないということになっているらしい。
ここエクセターのBootsでも17:30には閉店してしまう。
Tescoなどのスーパーはもう少し遅くまで営業しているが、High Streetでは18:00を過ぎると人通りもぐっと減り、なんとなく活気がない感じがする。
しかし!Lancaster University Management Schoolの教授Cary Cooper氏によると、イギリスは先進国の中ではアメリカに次いで2番目に労働時間が長いとか…。
そんなことないと思うけどなあ。
画像は私の大好きなブランドのロンドンハロッズ内のショップです。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2005/9/2  14:52

投稿者:wanko

SHOJIさま!
お久しぶりです!!メッセージいただき感激です!
店の営業時間については、韓国の学生も不便がっていました…
フランスも日曜日はほとんどのお店がお休みですし、アジア諸国は比較的営業時間が長いのでしょうか。
SHOJIさまは海外旅行経験がたくさんおありなので、今後もいろいろと教えていただけるとblogが盛り上がります!
よろしくお願いしますm(_ _)m

2005/9/2  14:30

投稿者:SHOJI

 労働時間の短いのはとても羨ましいのですが、旅行者にとっては、とても不便。特に買い物には。イギリスにいると、仕事を持ってる人は、何時日常の買い物をするのだとうと思ってしまいます。今の自分の生活をそのまま当てはめると、冷蔵庫は空っぽ状態になるだろな と 変なことを考えてしまいます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ