BIG ISSUE  社会

High Streetでは"BIG ISSUE!"と呼びかけ雑誌を販売している人がいる。
私の地元ではまだ「BIG ISSUE日本版」は発売されていないので、恥ずかしながらエクセターに来るまではBIG ISSUEという雑誌の存在を知らなかった。
調べてみるとイギリスでは14年前に創刊され、日本では2003年に創刊され現在青森、宮城、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、神戸で販売されている。
↓HPです。
http://www.bigissue.com/
ホームレスの人たちに働くことで収入を得る機会を与えるとともに、彼らと市民との交流により社会全体の再生をねらいとして始まったそうだ。
現在私が住んでいるflatのすぐ近くにはBIG ISSUEのオフィスがあり、路上生活者の人たちがそこで販売する雑誌を仕入れている。
帰国するまでに一度BIG ISSUE Southwest版を買っておこうと思っている。
こちらで出会った地元の人に路上生活者の暮らしについて尋ねてみたら、食事はNothernhay gardenで行われる炊き出し、寝るのは教会(どこの教会かは忘れてしまった)の別棟だそうだ。犬を飼っている場合は餌代が市から与えられるそうだ。
その人にBIG ISSUEを購読している人は多いか尋ねたところ、「買っても儲けをドラッグに使われるのであまり買う人はいないよ。」という答えが返ってきた。確かにエクセター滞在中BIG ISSUEを買っている人を見たことがないが…。路上で空の注射器を見かけたことがあったが…。
イギリス全体の発行部数はどのくらいなのだろうか…。
「BIG ISSUE」についてはBIG ISSUEが残されているなあ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2005/9/11  13:45

投稿者:Iitsuka

wankoさま

ようやく家のPCでゆっくり「Exeter生活」読むことが
できました。

BIG ISSUE日本版 って、一度ピープルツリーのカタログと一緒に送られてきたことがあるんだ。家にまだあったらとっとくね。

「いんちきな精神分析」によって過去のトラウマや虐待体験を捏造され、それによるマインドコントロールの被害にあっている人たちがたくさんいる、っていう驚くような内容の記事が載ってて、この件に関してどこまで信頼してどう考えてどう検証すればいいのかわからないな・・・と思ったことを覚えてます。ふしぎな雑誌でした。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ